趙孟フ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「趙孟頫」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
『鵲華秋色図』

趙 孟頫(Zhào Mèngfǔ、ちょう もうふ、1254年宝祐2年) - 1322年至治2年))は、南宋からにかけての政治家文人書家画家)。子昂松雪呉興浙江省湖州市)の出身。出自は、宋の宗室で、南宋二代皇帝孝宗の弟の家系に当たる。字から趙子昂、号から趙松雪と呼ばれることも多い。

経歴[編集]

南宋の真州江蘇省儀徴県)の司戸参軍に任官するも、宋室の滅亡によって、官途を離れる。

1286年至元23年)に、元の世祖皇帝クビライに招かれて大都に行き、兵部郎中となったが、宋を滅ぼした元王朝に仕えたことは一族からも批判され、一族の縁を切った者さえいたという。元に仕えたことにより、後世の評判も芳しくない。 以後、歴代の元の皇帝のもと、集賢院や翰林院の学士となった。

没後、魏国公に追封され、文敏の諡号を与えられた。

業績[編集]

  • 王羲之の書風を学び、宋代の奔放な書風と一線を画し、後代に典型を提供した。書は王羲之を越え、中国史上でも第一人者ともされているが、上記のように、自分の王室を滅ぼした敵方に仕えたことや、中国人でありながらモンゴル帝国に臣従したことから中華思想的な見地から評価を下げられている(杉山正明『世界の歴史 大モンゴル帝国の時代』中央公論新社)。
  • 画風においては、文人画を復興した。
  • 文集は『松雪斎集』。

作品[編集]

『趙松雪書心経』

『三十六幅春画冊』(清代の好色小説『肉蒲団』に登場する)

伝記[編集]

関連項目[編集]