越谷オサム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

越谷 オサム(こしがや オサム、1971年 - )は、日本の小説家。未婚[1]。越谷はペンネーム[1]

来歴[編集]

東京都足立区に生まれ、1歳のときより埼玉県越谷市在住[1]春日部共栄高等学校[2]時代は吹奏楽部[3]に属した。その後、学習院大学経済学部に進学するも4年で中退[4]。大学中退後はマクドナルドで週5日、1日8時間アルバイトをする生活を29歳まで続ける[1]

2001年、第13回日本ファンタジーノベル大賞に応募した「アパートと鬼と着せ替え人形」(未発表)が最終選考まで残るも落選[1][5]。その後は応募せず出版社で本の改装作業のアルバイトをしていた[1]2004年、第16回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞作『ボーナス・トラック』でデビュー。2011年、『陽だまりの彼女』文庫版が啓文堂主催「2011年 おすすめ文庫大賞」を受賞した[6]

作風[編集]

主に青春小説を主に手がける。ほとんどすべての作品において高校生から20代までの若者を主人公としているのは、自分より年上の人物を書くことに抵抗があるからだという[1]

ファンタジーノベル大賞出身だが、ファンタジー要素の無い作品が多く、ライトノベル風の題材・作風ながら、主に文芸誌上で活躍している。

70年代以降の洋楽がキーとなっている作品が多い。中学・高校とブラスバンド部に所属してトロンボーンを担当していたが[1]、特にバンド経験者というわけではなく、作品を書くにあたって初心者用のギターを購入したり、カルチャースクールに通って津軽三味線を習うなどしている[7]

人物背景の説明があまりいらないような、ステロタイプ的な登場人物が特に男性に多く、いわゆる“ベタ”な特段際立ったわけではない設定や、予定調和的な流れで一気にハッピーエンドに向かって突き進んでいく展開など、あらすじや読み出しからは平凡な印象を受けがちである。

しかし独特の優しさを持つ軽快であたたかみのある文体と、若者たちのリアルなセリフ遣いに特徴があり、『陽だまりの彼女』が「おすすめ文庫大賞」を受賞したことからもわかるように読後の印象が良い。

著書[編集]

単行本[編集]

アンソロジー[編集]

「」内が越谷オサムの作品

単行本未収録作品[編集]

小説
  • スクールボーイ(『小説すばる』2011年2月号)
  • 卒業までにできること(『小説新潮』2013年3月号)
コラム・他
  • 特別料理(『小説すばる』2009年5月号)
  • 津軽三味線(『別册文藝春秋』2010年9月号)
  • A書房のオヤジ(『本の旅人』2011年2月号)

メディア・ミックス[編集]

映画[編集]

漫画[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 瀧井朝世 (2009年11月25日). “作家の読書道 第97回:越谷オサムさん”. WEB本の雑誌. 2013年9月23日閲覧。
  2. ^ 活躍する先輩越谷オサムさん”. 春日部共栄中学高等学校 (2012年10月22日). 2013年6月10日閲覧。
  3. ^ 『胡桃 No.2』 春日部共栄高等学校 図書委員会、春日部共栄高等学校2013年6月2日
  4. ^ 単行本『ボーナス・トラック』奥付より。
  5. ^ この時の受賞作は畠中恵の「しゃばけ」。
  6. ^ 越谷オサム著『陽だまりの彼女』ブレイクの予感!?啓文堂書店「おすすめ文庫大賞」を受賞”. SHINCHO FLASH NEWS (2011年11月30日). 2013年9月23日閲覧。
  7. ^ 津軽三味線(『別册文藝春秋』2010年9月号)。

外部リンク[編集]