超音波流速計

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ADCP(側面)
4つのトランスデューサを持つADCPの上部

超音波流速計(ちょうおんぱりゅうそくけい、英語: acoustic doppler current profiler、略称:ADCP、ADP)は、超音波ドップラー効果を利用した非接触型流速計の一つである。海流潮流河流の計測に使われている。発信された音波が水中の浮遊懸濁物で反射し、戻ってくる音に周波数の変化(ドップラーシフト)が生じ、それが流速に比例していることを利用して、層流速を測定するものである。超音波ドップラー流速プロファイラ超音波式流速プロファイラなどとも呼ばれる。

関連項目[編集]