超新星宇宙計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

超新星宇宙計画(ちょうしんせいうちゅうけいかく、英語: Supernova Cosmology Project)とは、Ia型超新星赤方偏移を用いて、宇宙の加速膨張を発見し、また正数となる宇宙定数の値を決定した二つの研究プロジェクトのうちの一つである。この発見は"1998年のブレークスルー"として サイエンス誌に紹介された。

計画はローレンス・バークレー国立研究所を拠点として行われた。チームはソール・パールマッターが率いた。 本研究の成果によりパールマッターは、同様の研究をした高-z 超新星研究チーム(High-z Supernova Search Team)を率いたブライアン・P・シュミット, アダム・リースらと共同で2011年のノーベル物理学賞を受賞した。

外部リンク[編集]