超ゴジラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
超ゴジラ
ジャンル アクションゲーム
対応機種 スーパーファミコン
開発元 アドバンス通信会社
発売元 東芝EMI
東宝
人数 1人
メディア ロムカセット
発売日 日本 1993年12月22日
アメリカ合衆国の旗カナダの旗 1994年7月
テンプレートを表示

超ゴジラ』(ちょうゴジラ)(英語Super Godzilla)とは1993年12月22日に発売されたスーパーファミコン用ソフト。

概要[編集]

ゴジラを操作し、キングギドラメカゴジラなどおなじみの怪獣を倒すアクションゲーム。

ストーリー[編集]

199X年、地球征服を企む宇宙人[1]日本を攻撃すると宣言し、キングギドラを大阪に送り込んできた。これに対抗する防衛庁は、日本海で眠っていたゴジラに、尾形博士の開発したコントロールボックスを頭脳に撃ち込んで遠隔操作することとした。プレイヤーは、スーパーX[2]に搭乗し、そのコントローラーを持ってゴジラの強大な闘争本能を上手く制御しながら、宇宙人が送り込んでくる怪獣達を倒していく。

システム[編集]

ゲームは「移動モード」と「バトルモード」に分かれている。

移動モードではシミュレーションゲームのような真上から見下ろしたマップ上で、ゴジラの駒を操作し、ビルや戦車などを破壊しながら敵怪獣を目指す。この時、マップ上や戦闘で使用できるアイテムを獲得したり(一度に所持できるアイテムは4つまで)、体力を回復できる施設などもある。

敵怪獣の駒と接触するとバトルモードに移り、敵怪獣との一対一での格闘となる。「闘争本能ゲージ」なるものが存在し、激しく増減するこのゲージのリズムを読み取り敵怪獣にパンチしてから敵怪獣と距離を取ると、ゲージが高い程強力な攻撃方法を選べる(パンチしてから敵怪獣と距離を取っている間はゲージは徐々に上昇する)。攻撃方法を決定すると画面が切り替わりアニメーションによる演出が展開される。通常の攻撃方法は「尻尾」「頭突き」「放射火炎」「スーパー放射火炎」があり、後者ほど威力が高くなる。また、「?」は四つの攻撃方法からランダムに選べる。敵怪獣も「闘争本能ゲージ」を持っており、満タンになると攻撃を仕掛けてくる。敵怪獣はゴジラとの距離が詰まったり、ゴジラがパンチを当てて後退しようとすると攻撃を仕掛ける可能性が高まるほか、独自のゲージ変動パターンがあるため、どのタイミングでどの必殺技を選ぶかがポイント。

敵怪獣のヒットポイントを0にするとステージクリアとなる。ゴジラのヒットポイントが0になるとゲームオーバー

超ゴジラ[編集]

物語の後半、キングギドラ細胞にエネルギーを蓄える性質があることを突き止めた尾形博士の研究により、ゴジラにキングギドラの細胞を取り込むことで突然変異させた「超ゴジラ」を操作できる。移動モードでスペシャルエネルギーをゴジラに取得させることにより、超多量のエネルギーを蓄えた超ゴジラへと変異し(メカキングギドラとの対戦では、プレイヤーの判断により普通のゴジラのまま戦うこともできる)、敵怪獣との戦いでエネルギーを使い果たすと元に戻る。超ゴジラは攻撃力が変異前のゴジラの倍近くあり、腹や尻尾からビームを、ボタン溜めで強力なダッシュパンチを繰り出せる。また防御力も高く、障害物を破壊したり、進路上で攻撃を受けてもダメージを受けない。この超ゴジラのデザインは後に登場するスペースゴジラの基となっている。

ステージ[編集]

全6ステージで構成されている。

「大阪攻撃指令」
登場怪獣:キングギドラ(VSシリーズ版)。
「富士山麓 奪われたメカゴジラ」
登場怪獣:メカゴジラ(Gフォース版)※海外版では初代メカゴジラ
「放射火炎」を仕掛けると、吸収して反射攻撃される。「スーパー放射火炎」は反射攻撃されずにダメージを与えられる。
「箱根・芦ノ湖 博士救出作戦」
登場怪獣:ビオランテ
「頭突き」をするとダメージは与えられるものの、反撃される。
「横浜炎上」
登場怪獣:バトラ
ヒットポイントは低めだが動きが素早く、「スーパー放射火炎」以外当たらない。パンチも当てづらく、慣れないとかなりの強敵。なお、時間経過によりストーリーが変化し、幼虫が孵ると、さらにもう一度対戦しなければならない。
「東京大決戦(I)」
登場怪獣:メカキングギドラ
パンチを当ててから後退している間に、素早くワイヤーアンカーで電撃攻撃を仕掛けてくる。
「東京大決戦(II)」
登場怪獣:魔獣バガン
モスラVSバガン』、『ゴジラの復活』などの没企画に登場予定であった怪獣。企画ごとに様々な設定変更がなされたが、ゲーム中では古代中国にタイムスリップした宇宙人が、陸・海・空を司る怪獣にゴジラ細胞とギドラ細胞を融合させた生物兵器という設定で登場。細胞核のようなエネルギー体から怪獣形態へ変化し、国会議事堂前でゴジラを待ち構える。闘争本能ゲージが常時高めで、近づくとボディアタックによりゴジラを端に追い込み、そのまま必殺技を繰り出してくる強敵。ちなみに前ステージでの首都破壊率によって、ストーリー展開が微妙に変化する。

フィールド[編集]

アイテム[編集]

フィールド上の黄色いマスに止まると、ランダムで手に入れることができるアイテムで、ゴジラの能力を上げたり、体力を回復できる。戦闘中にL・Rボタンで選択し、Xボタンで使用する。所有できるアイテム数には制限がある。

  • エネルギー補充アイテム
ゴジラの体力を少し回復する。アイテム欄では青色で表示される。
  • スーパーエネルギー補充アイテム
ゴジラの体力を大幅に回復する。黄色で表示される。
  • 闘争本能UPアイテム
ゴジラの闘争本能を上げ、一定時間威力の高い攻撃を出しやすくする。赤色で表示される。
  • 防御力UPアイテム
ゴジラの防御力を上げ、一定時間相手怪獣の攻撃によるダメージを軽減する。緑色で表示される。闘争本能UPアイテムと同時使用可能。

[編集]

フィールド上に登場する戦車など(障害物として踏み潰して破壊できる)とは別に、怪獣と同じ格闘画面の形式で戦う敵も登場する。

地球侵略を狙う宇宙人が操る円盤型UFO。ビーム攻撃を行う。
  • マザーUFO
フィールド上の赤いマスに待機している大型のUFO。ステージ中の敵の母船であり、これを倒すとザコUFOが登場しなくなったり[3]、ステージ2でメカゴジラのワープ機能が停止したりする[4]

脚注[編集]

  1. ^ オープニングでは「何者か」と表示されており、ゲームを進めて行くと宇宙人であると判明する(ただし、固有名称は不明)。
  2. ^ 作中の台詞では「スーパーX」と書かれているが、ゲーム画面のビジュアルは「スーパーX2」である(ただし、「ゴジラvsビオランテ」に登場したスーパーX2は遠隔操作の無人兵器である)。
  3. ^ ステージ3の台詞より。
  4. ^ ステージ2の台詞より。

関連項目[編集]