赤道州 (スーダン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バフル・エル・ガザル(左上部)を含む赤道州と26州時代の州境

赤道州(英: Equatoria, エクアトリア、アラビア語: Al-Istiwa'iyah)は南スーダンの歴史的地域、歴史的スーダンの東スーダンの南部に位置する。奴隷貿易禁圧を口実にムハンマド・アリー朝の依頼を受けたサミュエル・ベイカー率いる遠征隊により1869年に征服、1870年に設置された[1]

スーダン史では1820年代からのちのスーダンの領域がおよそ征服されるまでの時代をムハンマド・アリーがかつてオスマン帝国配下であったことからトゥルキヤと呼ぶ。1874年にはチャールズ・ゴードンが初代総督に任命された。ナイル系民族の形成された地域と考えられてきたが、ナイル系民族と周囲との境界や集団間の関係は曖昧である。1878年にはエミン・パシャが総督となり後のウガンダとなるブニョロの征服を試み西ナイル地方やラドなどを征服したがマフディー戦争の影響も受け孤立した。この時期の赤道州はエジプトの出先機関となった。バフル・エル・ガザルは歴史的に異なる地域であるが、赤道州設置時に征服されていたため領域に含まれたがイギリス=エジプト領時代の1948年に分割された。

第一次スーダン内戦 (First Sudanese Civil War後、1976年に赤道州は東西に分けられ、第二次スーダン内戦の一因ともなった。1994年にスーダンの行政区が26のウィラーヤに再編され、東西赤道州と白ナイル上流部のアラブ語名に因むバフル・エル=ジャバル州となったが、2005年に中赤道州に改名された。

脚註[編集]

  1. ^ 栗田、1988, p.173

参考文献[編集]

外部リンク[編集]