赤嶺賢勇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
赤嶺 賢勇
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 沖縄県那覇市
生年月日 1958年5月20日(56歳)
身長
体重
175 cm
68 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1976年 ドラフト2位
初出場 1979年10月21日
最終出場 1981年8月12日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

赤嶺 賢勇(あかみね けんゆう、1958年5月20日 - )は、沖縄県出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

沖縄・豊見城高時代には、1975年の選抜大会に出場し、初戦でその夏に甲子園優勝をとげた習志野高校を完封、準々決勝では、結果的に準優勝だった東海大相模高校に対して9回裏2死無走者(2死めは原辰徳から見逃し三振を奪った)までリードを保ち、そのあと津末英明からの被安打をきっかけに敗北したが、この大会の活躍で全国的に注目を浴びる投手となった[1]。高校3年次には、春夏連続甲子園出場を達成し、は初戦敗退したが、は準々決勝で1学年下の小松辰雄と投げあい、1点差で敗退した[1]。高校時代はナックルの賢と言われていた。

早稲田大学への進学希望を表明した時期もあったが、1976年ドラフト2位で巨人入団。右肩の故障もあり、思うような活躍はできず1983年現役引退[1]。引退後は東京佐川急便に入社し、1990年から妻の出身地である山形県の佐川急便山形に勤務[1]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1979 巨人 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 11 2.0 2 0 4 0 0 0 0 0 1 1 4.50 3.00
1981 3 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 23 5.0 5 0 3 0 0 2 0 0 2 2 3.60 1.60
通算:2年 4 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 34 7.0 7 0 7 0 0 2 0 0 3 3 3.86 2.00

記録[編集]

背番号[編集]

  • 40 (1977年 - 1983年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、7ページ

関連項目[編集]