赤岩駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
赤岩駅
構内(2006年8月)
構内(2006年8月)
あかいわ - Akaiwa
庭坂 (7.7km)
(6.6km) 板谷
所在地 福島県福島市大笹生字赤岩32
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 奥羽本線山形線
キロ程 14.6km(福島起点)
電報略号 アイ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
3人/日(降車客含まず)
-2001年-
開業年月日 1910年明治43年)10月13日
備考 無人駅

赤岩駅(あかいわえき)は、福島県福島市大笹生字赤岩にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線である。「山形線」の愛称区間に含まれている。

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を持つ地上駅。ホームへは構内踏切を利用する。福島駅管理の無人駅

山形新幹線の開業前は赤岩、板谷大沢の4駅連続スイッチバックで有名であったが、新在直通運転のための改軌工事が施され、4駅ともスイッチバックが撤去され現在の形となった。

駅周辺[編集]

スイッチバックの遺構

かつては駅の直下を流れる松川に沿って赤岩、人道橋を渡った対岸にイラ窪(伊良窪)の集落が存在していた。しかしあまりにも山深い地であったことから、1980年代の半ばには相次いで無人となった。有人駅だった当時には、現在のプラットホーム北側にある植林地に、鉄道関係者用の住宅も見られた。しかしこれも駅の無人化と共に廃止され、取り壊された。

また以前には、隣接してスイッチバック時代の遺構がよく残っている事でも有名だった。しかし当駅周辺が板谷峠越えの急勾配地である事から、その対策として一部を壊し、電圧安定のための変電所が設置された。

現在では、駅の利用者以外の姿はこの地でほとんど見られず、鉄道関係の施設以外には、古い集落の跡だけが周辺唯一の人工物となっている。また、駅から徒歩30分ほどの所に大平集落があるが、数世帯しか住んでおらず限界集落と化している。

歴史[編集]


隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
山形線(奥羽本線)
庭坂駅 - 赤岩駅 - 板谷駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]