赤×ピンク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

赤×ピンク』(あか ピンク)は、桜庭一樹による日本ライトノベルイラスト高橋しん

「自身の転向点」と桜庭は本作品を位置づけており、この後に『推定少女』や『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』などの一般文芸的な作品を次々と発表するようになる。

2008年2月に角川文庫から新装版が発売された。

あらすじ[編集]

六本木の廃小学校で夜な夜な行われる女性だけの非合法格闘技イベント「ガールズ・ブラッド」。そこに集結した3人の女性格闘家の姿を描いていく。

登場人物[編集]

まゆ
14歳に見える幼い容姿から人気を博している21歳の元OL。感情の起伏が激しい。本名は高山真由(たかやま まゆ)
ミーコ
SM嬢であり、「女王様」としてガールズ・ブラッドでは通っている。本気の勝負よりも、観客を喜ばせることを優先させている。実はSM趣味はない。本名は山ノ辺美子(やまのべ みこ)
皐月(さつき)
ボーイッシュな外見の女性で、同性からの人気が高いが、女性恐怖症空手はインターハイベスト4に入るほどの腕前。本名は天王寺皐月(てんのうじ さつき)

既刊一覧[編集]

角川文庫版にはあとがきが新たに書き下ろされている。解説は山崎ナオコーラ

映画[編集]

赤×ピンク
監督 坂本浩一
脚本 港岳彦
原作 桜庭一樹
製作 安田猛
水口昌彦
製作総指揮 井上伸一郎
出演者 芳賀優里亜
多田あさみ
水崎綾女
小池里奈
音楽 三澤康広
主題歌 芳賀優里亜「イチル」
撮影 百瀬修司
編集 須永弘志
製作会社 「赤×ピンク」製作委員会
配給 KADOKAWA
公開 2014年2月22日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2014年2月22日公開。R15+指定

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]