賀茂 (能)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
賀茂
Noh a.jpg
作者(年代)
金春禅竹改作か
形式
複式夢幻能
能柄<上演時の分類>
脇能
現行上演流派
観世・宝生・金春・金剛・喜多
異称
加茂
シテ<主人公>
別雷神
その他おもな登場人物
室の神官、天女、末社の神
季節
場所
山城国 賀茂
本説<典拠となる作品>
秦氏本系帳[1]
このテンプレートの使い方はこちら

賀茂』(かも)は、能楽作品のひとつ。別表記加茂、古称は矢立鴨賀茂神社の縁起を気品高く、また勇壮に表現した能である。作者は金春禅竹ともいわれるが、不詳。戦国末期の素人能役者下間少進の演能記録「能之留帖」に頻出し[2]、また、豊臣秀吉の命をうけて山科言経らが注釈をする[3]など、その当時からよく好まれた能である。

作品構成[編集]

播州室の神官が上洛し、賀茂社に参拝するところから能ははじまる。舞台には、白い壇に白羽の矢が立った作り物が後見の手ですえらる。[4]

前段[編集]

【登場人物】

  • 前シテ 里の女
  • シテツレ 里の女
  • ワキ 室の神官
  • ワキツレ 従者(二人)

室の神官が、都に上る道筋を「道行」とよばれるで表現する。賀茂社についたところで、川辺に壇がつくられ白羽の矢が立っているのを見て、なんのいわれであろうかといぶかしむ。そこに若い女が二人あらわれ、「御手洗や清き心に澄む水の賀茂の河原にいづるなり 」と歌う。神にたむける水を汲もうとするのだ。先ほどの神官はその二人に「自分は室の神官です。この川辺に壇を築き白い布に白羽の矢をたてて、神を祭っておられるようですが、これはどのようないわれがあるのでしょう。」と尋ねる。女はこの矢は当社のご神体ですと告げ、いわれを語りはじめる。「昔この地に住んでおりました秦の氏女という女性が、朝な夕なこの川の水をくみ、神にたむけておりました。あるとき、川上より一本の白羽の矢が流れつき、水桶に止まったのです。それを持ち帰って庵の軒にさしておりますと、女は懐妊して男児を産みました。この子が三歳になったとき、父はだれだと人々がいいますので、氏女はこの矢ですと申しますと、たちまち、その矢は雷となり、天にのぼって、神の姿となったのです。別雷(わけいかづち)の神がそのお方です。」もう一人の娘は「その母子も神となって、賀茂の三柱の神としてまつられています。」という。女たちは「石川やせみの小川の清ければ 」と、新古今集にある鴨長明和歌をひき、やがて舞になる。貴船川大井川清滝川と次々に川の名前をつらね、それにまつわる古歌を謡い、連れ舞する。神官は、そういうあなた方はどなたですと聞くと、女は「名ばかりは白真弓のやごとなき神ぞかし(名ばかりは知らせましょう、わたしたちは、白い真弓の矢にゆかりの、やんごとない神かもしれません)」と、言い残して、退場する。

間狂言[編集]

【登場人物】

  • ワキ 室の神官
  • アイ 末社の神

そこへ末社の神が登場、さきほど里の女が語った賀茂の神の縁起を狂言口調で語り、室の神官の参拝を賀茂の神が喜んでおられ、舞を舞えと命じられたので舞うという。末社の神は「三段舞」をめでたく舞う。

後段[編集]

【登場人物】

  • 後シテ 別雷神
  • 後ヅレ 天女
  • ワキ 室の神官

やがて天女があらわれ、優美に天女の舞を舞う。ひとしきり舞ったところへ、主役の別雷神が登場、「われはこれ王城を守る君臣の道 別雷の神なり 」と名のり、「鳴神の鼓の時も至れば、五穀豊穣も国土を守護し 」と謡いつつ勇壮な舞働をする。

脚注[編集]

  1. ^ 佐成謙太郎 『謡曲大観第2巻』p732
  2. ^ 片桐登校定 『下間少進集』p45
  3. ^ 東京大学史料編纂所 『大日本古記録 言経卿記 6』p246
  4. ^ 以下弱い強調<通常は斜体で表示される>でしめした部分は、謡曲本文(ほんもん)の引用である。なお引用にあたってはおもに参考文献にあげた『謡曲大観』を参照しているが、漢字変換、句読点のうちかた等は、執筆者独自のものである。また現代語訳は執筆者が行った。

参考文献[編集]

  • 謡曲大観第2巻』 佐成謙太郎(昭和5年 明治書院 執筆にあたっては昭和57年影印版を参照
  • 能・狂言事典 西野春雄 羽田昶(1987年 平凡社) ISBN 4582126081
  • 下間少進集 片桐登 校定 (昭和52年 わんや書店)
  • 大日本古記録 言経卿記 6 (昭和44年 東京大学史料編纂所)

関連項目[編集]