買ってはいけない

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
買ってはいけない
著者 船瀬俊介三好基晴渡辺雄二山中登志子境野米子垣田達哉河村宏市川はるみ坂井敦
発行日 パート1: 1999年5月20日
パート2: 2005年4月
パート3: 2005年12月
パート4: 2007年1月
パート5: 2008年1月
パート6: 2009年7月
パート7: 2010年9月
パート8: 2011年7月
パート9: 2012年9月
発行元 金曜日
ジャンル ノンフィクション
日本
言語 日本語
形態 A5判 並製 パンフレット
ページ数 パート1: 208頁
パート2: 192頁
パート3: 112頁
パート4: 184頁
パート5: 184頁
パート6: 180頁
パート7: 136頁
パート8: 160頁
パート9: 140頁
公式サイト 「買ってはいけない」シリーズ
コード ISBN 978-4-906605-03-3
ISBN 978-4-906605-04-0
ISBN 978-4-906605-06-4
ISBN 978-4-906605-24-8
ISBN 978-4-906605-34-7
ISBN 978-4-906605-58-3
ISBN 978-4-906605-68-2
ISBN 978-4-906605-75-0
ISBN 978-4-906605-85-9
Portal.svg ウィキポータル ノンフィクション
テンプレートを表示

買ってはいけない』(かってはいけない) は、雑誌『週刊金曜日』連載の「商品の安全性」に関するコラム、およびそれをまとめた書籍である。

概要[編集]

パート1は、1999年(平成11年)5月発行。世間で広く流通している食品日用品、家電製品など身近な商品を取り上げ、それに含まれる食品添加物その他の化学物質などの毒性や危険性、家電製品の構造・性能上の問題点などを誇張し、企業名と商品名を名指しし「買ってはいけない」としていたことで話題になり、約200万部を売り上げた。著者によれば、発刊に当たっては『暮しの手帖』の影響を受けたとしている。

本書刊行後、『借りてはいけない』『乗ってはいけない』など多数の類似する本が刊行された。また、『買ってはいけない』著者の一人である船瀬俊介による『買ってもいい 食卓編』(光文社、1999年(平成11年)11月。ISBN 4-334-00663-9)という書籍も刊行された。

『週刊金曜日』は、2000年(平成12年)、『買ってはいけない』の収益を元に「買ってはいけない基金」を設立。食品の安全性を高めるための調査・研究を行なう基金で、これまでにトウモロコシから日本で未承認の遺伝子組み換え体を検出する等している。

2002年(平成14年)にパート2が出版され、その後「新・買ってはいけない」の連載がスタートし、2005年(平成17年)には「新・買ってはいけない2006」の連載が単行本化されているが、「買ってはいけない」の売り上げには及んでいない。

『買ってはいけない』の収益で、週刊金曜日は当時の売れ行き不振を解消したとする声がある(発刊当初5万部、現在は3万部といわれている)が、実際には『週刊金曜日』本体の売り上げには結びつかず、書籍の売り上げは一時的な収益であるため利益の多くは基金に回された。

書誌情報[編集]

2013年(平成25年)10月現在、シリーズで全9冊発行されている。

  1. 船瀬俊介三好基晴渡辺雄二山中登志子買ってはいけない』 『週刊金曜日』編、金曜日〈『週刊金曜日』ブックレット 2〉、1999年5月20日ISBN 4-906605-03-6
  2. 天笠啓祐 ほか 『買ってはいけない Part2』 渡辺雄二 監修、金曜日〈『週刊金曜日』ブックレット 5〉、2005年4月。ISBN 4-906605-04-4
  3. 境野米子・渡辺雄二 『新・買ってはいけない 2006』 金曜日〈『週刊金曜日』ブックレット〉、2005年12月。ISBN 4-906605-06-0
  4. 垣田達哉河村宏・境野米子・渡辺雄二 『新・買ってはいけない 4』 金曜日、2007年1月。ISBN 978-4-906605-24-8
  5. 垣田達哉・境野米子・渡辺雄二・市川はるみ坂井敦新・買ってはいけない 5』 金曜日、2008年1月。ISBN 978-4-906605-34-7
  6. 垣田達哉・境野米子・渡辺雄二 『新・買ってはいけない 6』 金曜日、2009年7月。ISBN 978-4-906605-58-3
  7. 垣田達哉・境野米子・渡辺雄二 『新・買ってはいけない 7』 金曜日、2010年9月。ISBN 978-4-906605-68-2
  8. 渡辺雄二 『新・買ってはいけない 8』 金曜日、2011年7月29日ISBN 978-4-906605-75-0
  9. 渡辺雄二 『新・買ってはいけない 9』 金曜日、2012年9月。ISBN 978-4-906605-85-9

批判書[編集]

他のマスコミは広告で収入を得ているがゆえにスポンサーに遠慮して批判しにくい論点とされる点に関し、本書では広告がないため遠慮なく批判しているという肯定的な評価もある一方、執筆者の取り扱い説明や品質表示の内容に対する知識が不足しているなど、商品を正しく理解せずに執筆しているとして、欠陥・欠点・問題点を指摘し、批判する内容の図書が多く刊行された。

参考文献[編集]

  • 『「買ってはいけない」は買ってはいけない』 夏目書房編集部編、夏目書房〈夏目BOOKLET 3〉、1999年10月1日ISBN 4-931391-65-6
    タイトルも装丁も、内容の体裁も『買ってはいけない』にそっくり合わせ、その不正確さを批判している。
  • 日垣隆 『「買ってはいけない」は嘘である』 文藝春秋、1999年10月20日ISBN 4-16-355770-9
    最も注目された批判書。
  • 『「買ってはいけない」大論争――ほめる人、けなす人』 鹿砦社編・『買ってはいけない』特別研究班編、鹿砦社、1999年11月10日ISBN 4-8463-0362-4
    当事者である『週刊金曜日』編集長や夏目書房編集部代表を含む様々な人々の寄稿をまとめたもの。
  • 『本当に「買ってはいけない」か!? 決定版! これにて落着!!』 ビジネス社〈One plus book 11〉、1999年11月。ISBN 4-8284-0843-6
  • 『「買ってはいけない」喧嘩 週刊金曜日対月刊文藝春秋』 KIBA BOOK編集部編、Kiba Book、1999年11月。ISBN 4-916158-35-0
    『「買ってはいけない」は嘘である』 との比較検討。
  • 『「買ってはいけない」論争解決篇』 中川晶監修、データハウス、1999年12月。ISBN 4-88718-556-1
    『「買ってはいけない」は買ってはいけない』 との比較検討。
  • と学会 『トンデモ本の世界R』 太田出版、2001年10月。ISBN 4-87233-608-9
    と学会の元会長山本弘が社会派トンデモ本としてシリーズ1作目を取り上げている。
  • 松永和紀 『メディア・バイアス――あやしい健康情報とニセ科学』 光文社〈光文社新書 298〉、2007年4月。ISBN 978-4-334-03398-9
    『買ってはいけない』の科学論理の誤りや統計データの取り扱い方の不備などを指摘。
  • 佐藤健太郎 『化学物質はなぜ嫌われるのか ~「化学物質」のニュースを読み解く』 技術評論社〈知りたい!サイエンス 33〉、2008年6月。ISBN 978-4-774-13517-5

脚注[編集]


関連文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]