豚便所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
戦前の沖縄本島の豚便所
南島雑話』に描かれた、幕末期の奄美大島における豚便所
済州民俗村博物館で展示の豚便所
インドゴア州の豚便所
漢代の灰色陶器で作られた模型(リンデン博物館蔵)
後漢(東漢)代の模型

豚便所(ぶたべんじょ)は、便所の方式の一つで、大便ブタの餌として与え、飼育する施設である。中国では「豬厠(ちょそく、ズーツー、繁体字豬廁簡体字猪厕拼音: zhūcè)」、沖縄本島では「フールー」、韓国済州島では「トットンシ朝鮮語: 돗통시)」と呼ばれる。

概要[編集]

中国発祥の便所システムで、便所と豚小屋を一体化したものである。豚小屋の上に落下式便所を設け、人が用を足すとブタが人の大便をとして処理する仕組みである。

人間の排泄物のうち、尿をブタが好んで飲むことはないが、人糞には、養分となる未消化成分が一部含まれており、雑食性動物であるブタは人糞を給餌の一部に加えられることに耐える。特に、相対的に野菜を多く摂取する中国では、未消化成分が多く、餌としての利用価値も相対的に高く、限られた食料を有効利用できる。実際にはブタの餌の全てを人糞で賄うわけではなく、など一般的な餌も与えられていたが、藁も直接与える以外に、落とし紙代わりに使ってからブタの餌にするという事例もあった。

中国や台湾以外では、日本琉球諸島韓国済州島にも黒豚(アグー、ホクテジ)とともに伝わった。また、ベトナムインドゴア州にもある。

歴史[編集]

約9000年前に野生のイノシシを人家の近くで飼い、家畜としてのブタが生まれた後、草むらで用便をするとブタが寄ってくるということが経験的に知られ、また、放し飼いでは落ち着いて用便もできない問題が生じ、これらを解決できる方式として考案されたと考えられる。中国では約2500年前の代から普及した方式である[1]前漢代に作られたその陶製の模型も出土しており、前漢の呂后戚夫人の「人彘(じんてい。人豚)」の逸話からも都市で普及していたことがわかる。屎尿処理の面倒がない方式であったので、近代まで都市で使用されたほか、現在も地方の村では現存している。

日本国内[編集]

沖縄市田原公園に展示のフールー

沖縄県及び奄美群島に存在した。しかし、この地域ではブタを食用としており、サナダムシなどの寄生虫病の温床となっていた。そのため、明治時代に明治政府により病院などが整備されると、衛生観念の広がりから衛生上の問題としてとり上げられるようになった。そして、裸足の禁止や火葬の奨励とともに風俗改良運動の中で廃止が推奨され、大正時代に県令によって新規の開設が禁止された。1945年沖縄戦後、アメリカ軍当局によって使用も完全に禁止された。

日本の本土においては、山間部では飼育しなくとも野生のイノシシが獲られたこと、屎尿は肥料として利用されたことや仏教によって殺生が禁じられてきたことなどから、ブタの飼育に人糞を利用する必要は無く、伝播しなかった。

脚注[編集]

  1. ^ 西谷大、『食べ物と自然の秘密』pp65-70、2003年、東京、小峰書店、ISBN 4-338-18603-8

関連項目[編集]