豊田アローズブリッジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
豊田アローズブリッジ
Toyota Arrows bridge01.jpg
所在地 日本
愛知県豊田市
矢作川
長さ 820m
最大支間長 235m
43.8 - 47.167m
高さ 125.8m(主塔)
形式 斜張橋
素材 PC、鋼
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

豊田アローズブリッジ(とよたアローズブリッジ)は、愛知県豊田市にある伊勢湾岸自動車道第二東海自動車道横浜名古屋線新東名高速道路豊田東JCT - 豊田東IC間の矢作川にかかる橋梁。正式名は矢作川橋(やはぎがわばし)。

概要[編集]

4径間連続PC複合斜張橋であり、波形鋼板ウェブ橋。橋長820m、最大支間長235m(×2)、最大地上高125.8m、総幅員43.8m。2001年8月着工、愛知万博開幕直前の2005年3月竣工・供用開始、2004年土木学会田中賞(作品部門)を受賞している。名称は一般公募による。上下8車線分の幅員を確保しているが、現在豊田東JCT以東の新東名高速道路が開通していないため、中央の4車線を除く暫定4車線で伊勢湾岸自動車道の一部として供用されている。

橋梁データ[編集]

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]