豊橋中央高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
豊橋中央高等学校
Toyohashi-chuo highschool.jpg
過去の名称 愛知高等実修女学校
愛知実修女子高等学校
豊橋女子高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人高倉学園
設立年月日 1923年10月3日
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 なし
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 23547E
所在地 440-0856
愛知県豊橋市鍵田町106
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

豊橋中央高等学校(とよはしちゅうおう こうとうがっこう)は、愛知県豊橋市鍵田町に位置する私立高等学校である。元々は女子高だったが、生徒募集難で進学色を強めた男女共学高に転換した。

沿革[編集]

  • 1923年10月3日 - 愛知和洋裁縫女学校として設立される。
  • 1927年3月 - 愛知高等和洋女学校に改名
  • 1941年3月 - 愛知高等実修女学校に改名。
  • 1948年4月 - 学制改革に伴い、愛知実修女子高等学校となる。
  • 1957年11月 - 豊橋女子高等学校に改名。
  • 1968年4月 - 保育科を設置する。(愛知県下の高等学校で初)
  • 1991年3月 - 保育科を廃止。
  • 1997年4月 - 豊橋中央高等学校に改名。男女共学普通科(進学クラス)に移行する。

教育組織[編集]

次の教育組織がある。

  • 全日制課程
    • 普通科
      • 特進Iクラス 昼間部
      • 特進IIクラス 昼間部
      • 総合クラス 昼間部
    • 家政科(女子のみ) 昼間部

特色[編集]

校内敷地の面積が狭いため、体育の授業は女子は校内グラウンド。男子はバス移動をして、15分ほど離れたグラウンドで行う。

設備[編集]

旧校舎と新校舎
旧校舎と新校舎は、3階まで各階渡り廊下で繋がっており、行き来することが出来る。しかし、両校舎の高さを考慮していない造りのせいもあり、校舎内は迷路のようになってしまっている。
食堂
学食は食券形式で、日替わりランチや、カレー、ラーメンといったメニューがある。購買には業者が昼休みにきて、パンなどを販売する。
冷暖房
基本的に全室冷暖房完備で、体育館にも設置されている。全校集会や授業など快適な環境で行うことができる。
体育館
体育館は別館の2階にひとつと、校舎と渡り廊下で繋がった体育館の二つ存在する。後者の体育館はバレーボール専用の床となっている。
武道場
別館の1階には武道場があり、柔道場、剣道場と分かれている。
運動場
校舎の近くひとつと、数キロメートルはなれたところにひとつの2面の運動場がある。校舎の近くにある運動場は、陸上部が活動しているにもかかわらず直線で100Mのコースを取れないほど狭い。
その他施設
上記以外にも、Windows専用コンピュータルーム、テニス場、フィットネスルームが存在し、主に部活動で使用される。

生徒会活動・部活動など[編集]

女子バレー部と女子ソフトテニス部はインターハイにも出場している。 2002年に野球同好会が野球部として正式に認められる。 第40回春高バレーでは女子バレー部が共栄学園を破りベスト8入りを果たしている。

生徒会活動では、75周年時に、75万羽の折鶴を一年かけて、生徒会主催で全校生徒で折った。うち1万羽を長崎へ、30万羽を広島に持っていっている。広島までの道のりは、平和をアピールするため、自転車で走行し、各地で折鶴を折ってもらった。

通学手段など[編集]

通学圏[編集]

地元豊橋市からの通学者が多いが、田原市や、遠くは浜松市岡崎市からの通学者もいる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]