豊橋カレーうどん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
豊橋カレーうどんの一例。みかわの郷カルミア店にて

豊橋カレーうどん(とよはしカレーうどん)は、愛知県豊橋市で提供されているご当地カレーうどんである。

概要[編集]

観光コンベンション協会が、地域おこしのために2009年夏頃から構想していたメニューを地元の麺類組合に開発を依頼[1]ご当地グルメによる地域おこしがブームになっていること、豊橋市のうどんは100年以上の歴史があり[2]、うどんの消費量も多いことなどに着目して企画された。豊橋市と商工会議所の協力の元、8回の試食を経て、2010年4月24日に、豊橋市内の40店で発売された[3]。発売直後のゴールデンウィークの観光客に好評で、2週間でうどん店の売り上げが2割伸びたことから、町の活性化に効果があったと報じられている[4]

作り方の特色は、の底の方にとろろご飯をよそい、その上からカレーうどんが盛りつけられていることである。普通のカレーうどんでは食べた後に残ってしまう出汁を、カレーライス・カレー雑炊として美味しく食べきれるように工夫された。先にうどんの層だけを食べることで、2種類の違った味が楽しめる。ご飯を後から入れるのには抵抗を感じるという人にも配慮したという[2]。食器が一個の丼で済むため、イベントでの提供が容易というメリットもある[3]

2013年4月より「豊橋カレーうどん風せんべい」が発売になった[5]。カツオだしが効いたカレー味で、原材料に豊橋カレーうどんの特徴のとろろやウズラ、玄米を使用している。豊橋カレーうどん提供店のほか、豊橋近郊の高速道路のSA・PA、JR豊橋駅・岡崎駅などのキオスクで販売している。130g入り1袋630円(税込)。

ルール[編集]

丼の中には、とろろご飯が入っている

豊橋カレーうどんを名乗るためのルールとしては、次の5箇条が定められている。

  • うどん麺は自家製麺とする。
  • 器の底から、ご飯、とろろ、カレーうどんの順に盛る。
  • 日本一位の生産量を誇る「豊橋産のうずら卵」を具に使用する[4]
  • 福神漬または壺漬け紅しょうがを添える。
  • 愛情を持って作る。

以上のルールの範囲内で、うずら卵を薄焼き卵にして載せ天津飯風にする、チーズを加えるなどの各店ごとのバリエーションがある。

参加店[編集]

2013年12月現在 47店

  • 勢川:本店、牟呂店、西駅店、吉田方店、新吉店、磯辺店、大岩店、二川店、つつじが丘店
  • 玉川うどん:広小路本店、岩田支店
  • 東京庵:ときわ店、飯村店、みゆき店
  • 信洲庵:小池店、草間店、中浜本店、大岩店
  • 砂場(つつじが丘)
  • 砂場:高師店、大清水店
  • カレーハウス CoCo壱番屋:豊橋岩田店、豊橋前田店
  • 嶋田屋:本店、大村店
  • 蕎麦匠 まつや
  • 味平
  • 大正庵
  • 喜多生
  • 東栄庵
  • めん処 庵
  • 麺処 そば良
  • 千成
  • そば藤
  • 麺処 まつや
  • ナザレ
  • 大菊
  • 十勝庵
  • 大智うどん
  • 鈴八庵
  • 花屋うどん
  • そば源
  • 清水庵
  • しなの庵
  • 鈴本
  • みかわの郷:カルミア
  • 麺匠 つるあん(旧:松倉製麺所)

脚注[編集]

外部リンク[編集]