豊川駅 (大阪府)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
豊川駅
豊川駅
豊川駅
とよかわ - Toyokawa
52 阪大病院前 (1.8km)
(2.4km) 彩都西 54
所在地 大阪府茨木市豊川4丁目
駅番号  53 
所属事業者 大阪高速鉄道(大阪モノレール)
所属路線 国際文化公園都市線(彩都線)
キロ程 4.4km(万博記念公園起点)
駅構造 高架駅
ホーム 島式 1面2線
乗降人員
-統計年度-
2,105人/日
-2011年-
開業年月日 2007年3月19日

豊川駅(とよかわえき)は、大阪府茨木市豊川4丁目 (国道171号線沿い南側) に位置する大阪モノレール国際文化公園都市線(彩都線)のである。駅番号は53

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線。改札口は2階、プラットホームは3階。プラットホームは4両編成分しかないが、延長に備え南側に旧西国街道を越えるプラットホーム用の橋桁があらかじめ架設されている。階段やエレベーターは駅舎の東側にある駅前広場側にしか設置されておらず、西側からは改札口に出入りできない。

駅舎の意匠は、大阪モノレールの一般的な駅や彩都西駅とはやや異なり、ベージュを基調とした独自のものとなっている。車両との段差のないプラットホームや、温水洗浄便座を備えた多目的トイレの設置などは、同日に開業した彩都西駅と同様である。

駅は清水交差点を越える清水高架橋と一体で整備され、駅の真下を南方向へ向かう車線が通っている。ただし、高架橋の完成は2011年7月までもつれ込んだ[1]

のりば[編集]

豊川駅プラットホーム
ホーム 路線 行先
1 彩都線 彩都西行き
2 彩都線 万博記念公園千里中央方面

駅周辺[編集]

交通アクセス[編集]

駅の東側には駅前広場が作られており、開業から3ヶ月後の2007年平成19年)6月27日に豊川駅停留所が新設され、阪急バスの176系統北千里千里中央行きが乗り入れている。ただし、現在は本数があまり多くはなく、日中は約2時間おきに運転されている。

一方、国道171号線上に設置された国道豊川停留所には、JR茨木駅阪急石橋駅方面に向かうバスが約15分おきに発着し、豊川駅停留所より充実している。

利用状況[編集]

2012年度の1日平均乗降人員2,276人である。

開業以来の1日平均乗降・乗車人員は下記の通り。

年度別1日平均乗降・乗車人員推移
年度 1日平均
乗降人員
1日平均
乗車人員
出典
2007年(平成19年) 1,392 739 [2]
2008年(平成20年) 1,740 936 [3]
2009年(平成21年) 1,867 1,015 [4]
2010年(平成22年) 1,970 1,082 [5]
2011年(平成23年) 2,105 1,149 [6]
2012年(平成24年) 2,276 1,240 [7]

歴史[編集]

その他[編集]

駅名の発音は、日本語での案内放送は阪急バス同様に「よかわ」と「と」にアクセントが置かれており、愛知県の豊川駅の「とかわ」とは異なる。ただし、英語の案内は愛知県の駅と同様で「とかわ」に近い。

位置情報[編集]

北緯34度50分4.60秒東経135度31分36.40秒

隣の駅[編集]

大阪高速鉄道
国際文化公園都市線(彩都線)
阪大病院前駅 (52) - 豊川駅 (53) - 彩都西駅 (54)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 清水高架橋が供用開始されます - 彩都(国際文化公園都市)建設推進協議会
  2. ^ 大阪府統計年鑑(平成20年度)
  3. ^ 大阪府統計年鑑(平成21年度)
  4. ^ 大阪府統計年鑑(平成22年度)
  5. ^ 大阪府統計年鑑(平成23年度)
  6. ^ 大阪府統計年鑑(平成23年度)
  7. ^ 大阪府統計年鑑(平成24年度)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]