豊川市主婦殺人事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

豊川市主婦殺人事件(とよかわししゅふさつじんじけん)とは、2000年平成12年)5月1日愛知県豊川市で発生した17歳の少年による殺人事件である。

事件の発覚

豊川市の住宅で、妻が血だらけで倒れているのを帰宅した夫が発見し、通報。妻は金槌で殴打されたうえ、包丁で首などを刺され死亡した。その直前に、少年が家から飛び出したのを夫が目撃し、格闘したが首などを刺されて軽傷を負った。少年は近くの高校の制服であるブレザーを着ていた。逮捕後の供述によると、その日たまたま家の前を通りかかり、玄関が少し空いていたのと表札から年寄りと思い、家の中に侵入した。事件を起こしたあと、最寄り駅まで逃走し、公衆トイレで一夜を過ごしたあと、「寒くて疲れた」ため交番に自首した。[1]

犯人

事件現場近くの高校に通う17歳の3年生。学校では、明るく活発、成績優秀と評判のいい生徒だった。1歳半のときに両親が離婚したため、中学教師の父親と、父方の祖父母と4人暮らし。祖父も元教師で、祖母を「おかあさん」と呼んで育った。かねてから人の死に興味があり、不老不死の薬の開発も考えたが断念、代わりに殺人に興味を持った。成績に偏りがあり、第1志望の高校に入れず、強い挫折感と大学入試への不安を感じていた。事件数日前に、それまで打ち込んでいたテニス部を退部していた。[1]

事件の背景

男子高校生(当時17歳、高校3年生)が主婦(当時68歳)を40ヶ所も刺して殺した[2]うえに、夫にも重傷を負わせた。その後、前もって竹藪に隠してあった服に着替えて逃走したが、竹藪に自分の鞄を置き忘れていった[3]

犯人の高校生は、動機として「殺人の体験をしてみたかった(人を殺してみたかった)」[4]「未来のある人は避けたかったので老女を狙った」と供述していた[2]が、学校内ではソフトテニス部に所属し、後輩からの信頼も厚く、しかも極めて成績優秀であると見られていたため、その評判と犯罪行為との乖離が疑問とされた。そのため精神鑑定がなされ、一回目の鑑定では「分裂病質人格障害か分裂気質者」と出されたが、二回目の鑑定では「犯行時はアスペルガー症候群が原因の心神耗弱状態であった」出され、二回目の鑑定を認定し、2000年12月26日に名古屋家庭裁判所医療少年院送付の保護処分が決定した。二回目の鑑定医師団には児童精神医学の専門医が鑑定団の一人として加わっていた。

アスペルガー症候群は先天性の発達障害であり、知能と言語能力に問題のない自閉症の一種である。対人関係の構築に困難があるため、二次的な障害として社会生活に対する不適応がみられることがある。この事件は、文部省(当時)に広い範囲における高機能自閉症児に対する早期の教育支援が必要であることを認識させ、後に特別支援教育として制度化されることになった。

その他

この事件の2日後に発生した西鉄バスジャック事件の犯人は事件直前に豊川市事件に関する手記を書いていた。2000年は17歳の少年による凶悪犯罪がセンセーショナルに報道されキレる17歳として注目された。これらの少年犯罪は少年法厳罰化の一因にもなった。

脚注・出典

  1. ^ a b 最近の少年犯罪に関する教育臨床的研究生島博之、愛知教育大学教育実践総合センター紀要9号、2006年
  2. ^ a b 佐野(2008)、p.68
  3. ^ 佐野(2008)、pp.68-69
  4. ^ 佐野(2008)、p.65

参考文献

関連書籍

  • 藤井誠二「人を殺してみたかった 愛知県豊川市主婦殺人事件」(双葉社)
  • 森下香枝「退屈な殺人者」(文藝春秋社)

関連項目