豊川信用金庫事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2006年現在の豊川信用金庫本店

豊川信用金庫事件(とよかわしんようきんこじけん)は、1973年12月愛知県宝飯郡小坂井町(現・豊川市)を中心に「豊川信用金庫が倒産する」という(デマ)から取り付け騒ぎが発生し、短期間に約20億円もの預貯金が引き出された事件。

概要[編集]

警察が信用毀損業務妨害として捜査を行った結果、女子高生の雑談をきっかけとした自然発生的な流言が原因であることが判明。デマがパニックを引き起こすまでの詳細な過程が解明された珍しい事例であるため、心理学社会学の教材になることも多い。

事件の経緯[編集]

  • 1973年12月8日(土)、登校中の飯田線車内で、豊川信用金庫に就職が決まった女子高校生Aを、友人B・Cが「信用金庫は危ないよ」とからかう[1]。この発言は同信金の経営状態を指したものではなく、「信用金庫は強盗が入ることがあるので危険」の意味[2]で、それすら冗談であったがAは真に受けた[注 1]。その夜、Aから「信用金庫は危ないのか?」と尋ねられた親戚Dは、信用金庫を豊川信金だと判断して同信金本店の近くに住む親戚Eに「豊川信金は危ないのか?」と電話で問い合わせた[1]
  • 9日(日)、Eは美容院経営者のFに、「豊川信金は危ないらしい」と話した[1]
  • 10日(月)、Fが親戚Gにこの話をした際、居合わせたクリーニング業Hの耳に入り、彼の妻Iに伝わる[3]
  • 11日(火)、小坂井町の主婦らの間で豊川信金の噂が話題となり、通りがかりの住民の耳にも入る[4]。この頃、噂は「豊川信金は危ない」と断定調になる[4]
  • 12日(水)、街の至るところで、豊川信金の噂の話題が持ちきりとなる[要出典]
  • 13日(木)、Hの店で電話を借りたJが「豊川信金から120万円おろせ」と電話の相手に指示した[5]。Jは噂を全く知らず、ただ仕事の支払いで金を下ろす指示をしただけだったが、これを聞いたIは同信金が倒産するので預金をおろそうとしていると勘違いし、慌てて同信金から180万円をおろした[5]。その後、H・Iは知人にこの話を喧伝、これを聞いたアマチュア無線愛好家が、無線を用いて噂を広範囲に広める[5]。この後、同信金窓口に殺到した預金者59人により約5000万円が引き出される[5]。同信金小坂井支店に客を運んだタクシー運転手の証言によると、昼頃に乗せた客は「同信金が危ないらしい」、14:30の客は「危ない」、16:30頃の客は「潰れる」、夜の客は「明日はもうあそこのシャッターは上がるまい」と時間が経つにつれて噂は誇張されていく[5]
  • 14日(金)、事態の収拾のため、同信金が出した声明が曲解され、パニックに拍車が掛かる[6]。その後、「職員の使い込みが原因」、「理事長が自殺」という二次デマが発生し、事態は深刻化する[6]
  • 信金側の依頼を受け、マスコミ各社は14日の夕方から15日朝にかけて、デマであることを報道し騒動の沈静化を図る(新聞の見出し:「デマ、5000人を走らせる」・「デマで取り付け騒ぎ」[要出典])。
  • 15日(土)、大蔵省東海財務局長と日本銀行名古屋支店長が連名で同信金の経営保障をする。自殺したと噂された理事長自らが窓口対応に立ったことも奏功し、事態は沈静化に向かう[要出典]
  • 16日(日)、警察がデマの伝播ルートを解明し、発表する[7]

事態がパニックに発展した要因[編集]

こうして伝言ゲーム式にデマが形成され、事態がパニックに発展した理由として、次のような要因が存在した[4]

  • 事件が発生した1973年当時、10月にはトイレットペーパー騒動が発生するなど、オイルショックによる不景気という社会不安が存在し、デマが流れやすい下地があった[4]
  • 口コミで情報が伝わるうちに、情報が変容した[4]
  • 事件の7年前の1966年、小坂井町の隣の豊橋市の金融機関が倒産するという事件があり、出資者の手元に出資金がほとんど戻ってこないという大きな被害を与えていた[4]。デマの伝播経路の中のクリーニング業のHもこの7年前の倒産被害者であったため、善意で周囲の人間にデマを広めてしまった[4]
  • こうした背景をもつHの目の前で、Jが大金をおろすよう妻に指示したため、デマがリアリティを獲得し、パニックの引き金となった[4]
  • 狭い地域社会の中で、「交差ネットワークによる二度聞き効果」(別々の人から同じ情報を聞くことで、それに信憑性があるものと思い込んでしまう現象)が発生した[4]

このような結果、事態は大きく悪化することになった。

  • 日本では、この事件より前の1971年に成立した預金保険法で、預金保険機構の裏付けのもと、100万円まで(当時)のペイオフ(預金保護)制度が施行されていたのであるが、一般への認知度が十分でなく、少数の預金保護制度を知っていて渦中に預金をしに来た人も居たものの、大方の預金者はパニックに流されてしまう結果となった。

関連作品[編集]

  • 清水一行の短編小説「銀行取付」はこの事件をモデルとした作品で、「ケチなワンマン理事長が宣伝費をかけずに知名度を上げるため、自行の信用不安情報を流布させた上で日銀の担当者に健全経営ぶりを喧伝させる」という内容。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 特命リサーチ200Xでは、この発言は「信用金庫は都市銀行に比べると経営が不安定ではないか」という意味だったとしている。

出典[編集]

  1. ^ a b c 伊藤陽一 1974, p. 74.
  2. ^ 関谷直也 2011, p. 129.
  3. ^ 伊藤陽一 1974, pp. 74-75.
  4. ^ a b c d e f g h i 特命リサーチ200X
  5. ^ a b c d e 伊藤陽一 1974, p. 75.
  6. ^ a b 伊藤陽一 1974, p. 76.
  7. ^ 伊藤陽一 1974, p. 71.

参考文献・資料[編集]

  • 伊藤陽一、小川浩一、榊博文「デマの研究:愛知県豊川信用金庫"取り付け"騒ぎの現地調査」、『総合ジャーナリズム研究』第69号、東京社、1974年7月1日
  • 伊藤陽一、小川浩一、榊博文「デマの研究:愛知県豊川信用金庫"取り付け"騒ぎの現地調査」、『総合ジャーナリズム研究』第70号、東京社、1974年10月1日
  • 特命リサーチ200X「デマ・パニックの正体を追え!」1998年12月6日放送
  • 関谷直也 『風評被害 そのメカニズムを考える』 光文社光文社新書〉、2011年5月17日(日本語)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]