谷汲口駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
谷汲口駅
駅舎(2005年5月11日)
駅舎(2005年5月11日)
たにぐみぐち - Tanigumi-guchi
木知原 (1.4km)
(2.0km) 神海
所在地 岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲長瀬
所属事業者 樽見鉄道
所属路線 樽見線
キロ程 21.6km(大垣起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1956年(昭和31年)3月20日
ホーム(2004年8月撮影)
駅構内に保存されているオハフ502(2005年5月撮影)

谷汲口駅(たにぐみぐちえき)は、岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲長瀬にある樽見鉄道樽見線である。

歴史[編集]

  • 1956年(昭和31年)3月20日 - 日本国有鉄道(国鉄)樽見線が大垣と当駅間の開業に伴い、終着駅として開業する。
  • 1958年(昭和33年)4月29日 - 樽見線が、当駅から美濃神海(現 神海)間の延伸開業に伴い中間駅となる。
  • 1984年(昭和59年)10月6日 - 樽見線が樽見鉄道に転換し、同社の駅となる。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅である。北側が旧ホーム(写真の手前)、南側が新ホーム(写真の奥)で、もっぱら列車は後者に停車している。なお、旧ホームには美江寺駅と同様に、島式ホーム1面2線であった遺構が残っている。また、駅構内にはオハフ502(旧 国鉄オハフ33形)が保存されている。

無人駅である。

駅周辺[編集]

当駅から谷汲山華厳寺行のバス路線(名阪近鉄バス)が運行されている(当駅停車前に運転士よりバスの案内が車内放送される[要出典])。このバスは、廃止された「名鉄谷汲線廃止代替バス」の代替交通として扱われている場合がある[要出典]

隣の駅[編集]

樽見鉄道
樽見線
木知原駅 - 谷汲口駅 - 神海駅

関連項目[編集]