谷山駅 (京畿道)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
谷山駅
駅舎(2009年)
駅舎(2009年)
곡산
コクサン - Goksan
K322 大谷 (1.7km)
(1.6km) 白馬 K324
所在地 韓国の旗京畿道高陽市徳陽区京義路 160(白石洞 1185-1)
位置座標
駅番号 K323
所属事業者 韓国鉄道公社(KORAIL)
駅種別 無配置簡易駅(白馬駅管理)
所属路線 京義電鉄線
キロ程 19.9km(ソウル起点)
龍山から孔徳経由で21.1km
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
353人/日(降車客含まず)
-2011年-
開業年月日 1967年1月9日
谷山駅
各種表記
ハングル 곡산역
漢字 谷山驛
平仮名
(日本語読み仮名)
こくざんえき
片仮名
(現地語読み仮名)
コクサンニョク
英語 Goksan Station
テンプレートを表示

谷山駅(コクサンえき)は大韓民国京畿道高陽市徳陽区白石洞にある韓国鉄道公社(KORAIL)のである。

乗り入れている路線は、線路名称上は京義線であるが、当駅には近郊電車の京義電鉄線電車のみが停車する。駅番号は(K323)。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線の地上駅で、橋上駅舎を有する。2面4線にできるよう、ホーム外側にスペースが確保されている。

出入口は1番(駅西側)と2番(駅東側)の2ヶ所ある。

のりば[編集]

1 京義電鉄線 大谷デジタルメディアシティソウル駅孔徳方面
2 京義電鉄線 一山雲井金村方面

利用状況[編集]

通勤列車が運行されていた時期には、乗車人員が非常に少なかった。 2008年の場合には年間利用者数がわずか50人、1日あたり0.15人であった。京義電鉄線が開業してから、日間利用者数が約1000~2000倍に増えた。

近年の一日平均乗車人員推移は下記の通り。

路線 乗車人員
2009年 2010年 2011年
京義電鉄線 192 294 353 [1]

駅周辺[編集]

  • 白石公園
  • 高陽熱併合発電所

歴史[編集]

  • 1967年1月9日 - 京義線の開通と共に、臨時ホームで営業開始。[2]
  • 1968年4月1日 - 臨時ホーム廃止、無配置簡易駅になる。[3][4]
  • 2008年5月1日 - 電鉄化工事のため旅客営業休止。前後駅から代替バスが毎時2本運転されていた。
  • 2009年7月1日 - 京義電鉄線が開業し、旅客営業再開。

隣の駅[編集]

韓国鉄道公社
京義電鉄線
B急行・A急行
通過
緩行
大谷駅 (K322) - 谷山駅 (K323) - 白馬駅 (K324)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 정보공개 공개자료실, 코레일 (2005·2009년은 철도정보 일반자료실)
  2. ^ 철도청 고시 제299호(1967.01.09)
  3. ^ 철도청 고시 제17호(1968.03.26), 철도청 고시 제18호(1968.03.26)
  4. ^ 철도청 고시 제18호에는 4월 1일이 1월 1일로 잘못 기재되어 있다.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]