谷口澄夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
谷口 澄夫
(たにぐち すみお)
人物情報
全名 谷口 澄夫(たにぐち すみお)
生誕 1913年????
日本の旗 日本岡山県牛窓町
死没 2001年????
出身校 広島文理科大学
学問
時代 20世紀 - 21世紀昭和平成
研究分野 日本史(近代史・思想史)
研究機関 岡山大学
主要な作品 『岡山藩』(1964年)
『岡山藩政史の研究』(1964年)
テンプレートを表示

谷口 澄夫(たにぐち すみお、 1913年 - 2001年)は、日本歴史学者教育者岡山大学名誉教授

概略[編集]

岡山県牛窓町(現・瀬戸内市)に生まれる。1940年広島文理科大学を卒業。1949年岡山大学教育学部助教授、1953年同教授となる。岡山藩の研究で大きな成果を残した。

1969年には前学長の退任を受け学長代行(学長事務取扱)に選ばれ、同年岡山大学の第7代学長となる。学園紛争期の難局を乗り切った。退任後の1978年には、新たに開学した兵庫教育大学の初代学長に迎えられる。1986年まで同大学学長を務めた後、倉敷芸術科学大学学長、就実女子大学学長を歴任。その他、数々の教育・文化関連団体の要職に就いた。

1981年岡山県三木記念賞。1986年勲二等旭日重光章。教育及び大学運営に対する多大な功績がみとめられ、岡山県から名誉県民の称号が贈られた。

公益財団法人福武教育文化振興財団により、谷口の名を冠する褒賞として、「岡山県の教育の向上に著しい貢献が期待される教育者または団体」に贈られる「谷口澄夫教育奨励賞」が創設されている。

主な著作[編集]

単著[編集]

  • 『岡山藩』(吉川弘文館、1964年)
  • 『岡山藩政史の研究』(塙書房、1964年)
  • 『人物叢書81 池田光政』(吉川弘文館、1966年)
  • 『岡山県の歴史』(山川出版社、1970年)

共編著[編集]

  • 『特別史跡閑谷学校』(神野力との共著)、(福武書店、1975年)
  • 『瀬戸内の風土と歴史』(山川出版社、1978年)
  • 『岡山県風土記』(谷口澄夫、石田寛監修)(旺文社、1996年)