讃美歌集一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

讃美歌集一覧 (さんびかしゅういちらん)は日本で出版された、おもにプロテスタント讃美歌集の一覧である。

プロテスタントの毎週の礼拝では数曲が歌われる。この便のため、各国で讃美歌集が編纂されている。日本でも数種の讃美歌集が「讃美歌」「聖歌」の名で編纂されている。日本では1870年代から教派別に編纂されていたが、1903年に共通讃美歌が出版された。最近では、また教派ごとの讃美歌集も増えている。

讃美歌集の構成[編集]

賛美歌集は、礼拝(開会、閉会、信仰告白)、教会暦ないしイエス・キリストの生涯(待降降誕公生涯受難復活再臨)、信仰生活といった項目ごとに構成されることが多い。おおむね600曲が、讃美歌集として礼拝に必要な数であるといわれている。

日本のおもな讃美歌集[編集]

教派別讃美歌集[編集]

バプテスト教会[編集]

アドベント派[編集]

エホバの証人[編集]

古い歌集は王国の歌参照。

日本組合基督教会[編集]

日本基督一致教会[編集]

改革長老教会(カベナンター)[編集]

日本キリスト改革派教会[編集]

救世軍[編集]

ホーリネス教会及び潔め派[編集]

メソジスト教会[編集]

聖公会[編集]

ルーテル教会[編集]

カトリック教会[編集]

共通讃美歌[編集]

共通聖歌[編集]

(共通聖歌はホーリネス時代の原型をとどめており、実質的にリバイバル聖歌の後継)

脚注[編集]

  1. ^ 一致教会の植村正久奥野昌綱松山高吉グイド・フルベッキ日本組合基督教会松山高吉宮川経輝田村初太郎

関連項目[編集]