警察署長ジェッシィ・ストーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェッシィ・ストーン
作者 ロバート・B・パーカー
トム・セレック
詳細情報
性別
職業 法執行官
肩書き マサチューセッツ州パラダイス
警察所長

ジェッシィ・ストーン(Jesse Stone)は、当初ロバート・B・パーカーにより書かれた推理小説のメインキャラクターである。彼の後期の作品で、三人称を用いた最初のシリーズである。このシリーズは9冊の小説からなり、『暗夜を渉る』(Night Passage, 1997年)に始まり、2010年1月にパーカーが死亡する前に完成して死後出版された『暁に立つ』(Split Image, 2010年)に終わる。このシリーズはマイケル・ブランドマンにより書き継がれている[1]

ジェッシィ・ストーンのキャラクターは35歳頃から明らかになっている。マイナーリーグのショートであったが、利き腕の肩を壊した。アリゾナカリフォルニアで育った[2]。美しい妻に捨てられ、離婚後に始まった飲酒問題のため、ロサンゼルス市警強盗殺人課から辞職勧告を受けた[3]マサチューセッツ州の小さな町パラダイス(現実のマサチューセッツ州スワンプスコットにおおよそ基づいた架空の町)の警察署長の職の面接に、酔った状態で現れたが、汚職にまみれた町の評議会代表が、彼ならば簡単に操れるだろうと考え、雇われることになった。彼はすぐに、この町がメジャーリーグ級の犯罪、暴動、白人優越主義者、ふしだらな妻たち、三重殺人で充満していることに気付く。ストーンは予想していたよりもこの仕事が難しいことを知る。しかしストーンは有能であることを証明し、町の評議会代表の汚職をあばき、彼を逮捕する。シリーズは、パラダイス警察署長としてのストーンの事件を記録するとともに、彼のアルコールとの闘いと元妻との複雑な関係も描く。彼は町の警察署の警察官たちから尊敬され、好かれている。彼は州警察殺人課ヒーリー警部と、よい仕事上の関係と友情を育んでいる。

ジェッシィ・ストーンのキャラクターはひどく困った男であり、著者の投影である。パーカーはストーンを、彼の最初のシリーズのよく知られている主人公スペンサーと比較し、「ジェッシィは(スペンサーよりも)傷ついた人間であり自分自身を受け入れている」と語っている。

小説[編集]

ロバート・B・パーカー著:

# 原題 刊行年
アメリカ合衆国の旗
邦題 刊行年
日本の旗
訳者 出版社 備考
1 Night Passage 1997 暗夜を渉る 1998 菊池光 早川書房 2001年 暗夜を渡るに改題(ハヤカワ・ミステリ文庫),警察署長 ジェッシイ・ストーン 暗夜を渉る映画2
2 Trouble in Paradise 1998 忍び寄る牙 1999 菊池光 早川書房
3 Death in Paradise 2001 湖水に消える 2002 菊池光 早川書房 警察署長 ジェッシイ・ストーン 湖水に消える映画3
4 Stone Cold 2003 影に潜む 2004 菊池光 早川書房 ストーン・コールド -影に潜む-映画1
5 Sea Change 2006 訣別の海 2007 山本博 早川書房 警察署長ジェッシイ・ストーン 訣別の海映画4
6 High Profile 2007 秘められた貌 2007 山本博 早川書房
7 Stranger in Paradise 2008 容赦なき牙 2008 山本博 早川書房
8 Night and Day 2009 夜も昼も 2010 山本博 早川書房
9 Split Image 2010 暁に立つ 2010 山本博 早川書房

マイケル・ブランドマン著:

# 原題 刊行年
アメリカ合衆国の旗
邦題 刊行年
日本の旗
訳者 出版社 備考
10 Robert B. Parker's Killing the Blues 2011
11 Robert B. Parker's Fool Me Twice 2012
12 Robert B. Parker's Damned If You Do 2013

映像化[編集]

CBSは『ジェッシィ・ストーン』シリーズをトム・セレックを主役に映画化している。映画化は順番を外れて始まったが、第4作まではあらすじとキャラクターはテレビネットワークに相応しく変更された点を除き、小説に一致している。トム・セレックは、ストーンよりも年齢は上であるが(50歳代後/60歳代前半 vs. 小説の30歳代後半)、可能な限り小説に忠実にキャラクターを演じている。著者のロバート・B・パーカーは、ジェッシィ・ストーンの映画は彼の小説のテレビ化で最も正確なものだと述べ、ブログで「トムはキャラクターを体現している」とまで言っている[4]

警察署長としてトム・セレックは、スミス&ウェッソンのSW19115C45口径を携帯している。実生活でもセレックは元軍人であり射撃の達人で、火器の収集家である。セレックがテレビで演じる武器を携帯する人物は、多くの場合SW1911A145口径を携帯している。しかし、小説の1作目でジェッシィ・ストーンは、LAPDで殺人課刑事であったときと同じく38スペシャルのスミス&ウェッソン36snub-noseリボルバーを携帯している。ロバート・B・パーカーの私立探偵スペンサーも38スペシャルのスミス&ウェッソン36snub-noseリボルバーを13作までは携帯していた。最新作であるRobert B. Parker's Killing the Bluesではジェッシィ・ストーンはコルトコマンダー45口径1911A1を携帯している。

他のレギュラーキャラクターには、パラダイス署の部下として警官モリー・クレーン役のヴァイオラ・デイヴィス、警官ルーサー「スーツ」シンプソン役のコール・サダス、警官アンソニー・デアンジェロ役のヴィット・レッザがいる。アンソニー・デアンジェロは映画第5作の時点ではストーン所長に勧められて署を退職している。モリー・クレーンも同じく続けられていない。これはヴァイオラ・デイヴィスのスケジュールが他の映画の撮影とかち合ったためで、これにより彼女はこのシリーズから離れることになった。しかしジェッシィ・ストーンの小説においては、彼女は妊娠し家庭を作るために署を辞めたと説明されている。彼女の署内のポジションは、より小説のキャラクターモリー・クレーンに近いキャシー・ベイカー演ずるローズ・ギャモンに代わっている。スティーヴン・マクハーティはマサチューセッツ州警察のヒーリー警部として出演し、ウィリアム・ディヴェインはディックス医師を演じている。彼は元警官の精神科医でストーンは飲酒問題や他の個人的な問題で助けを得ている。ソウル・ルビネックは汚職にまみれた町の評議会代表ヘイスティの役を演じている。彼は牢獄から釈放され地域の自動車ディーラーをしている。ヘイスティとジェッシイはその過去にも関わらず友人となっている。ロバート・ハーモンが1作(Jesse Stone: Innocents Lostはディック・ローリー)を除きすべて監督している。ジェフ・ビールがオリジナル音楽を作曲。そのときまでの映画から選択された曲はヴァレス・サラバンデルによる限定CDとして2009年に発売された。 映画第5作からトム・セレックマイケル・ブランドマンは脚本を書いている。第5作はロバート・B・パーカー(2010年ボストンの自宅で他の小説を執筆中に死亡した)の小説をもとにした映画からの新展開であり、小説の展開からかなり乖離している。最近のテレビの話の流れではジェッシイ・ストーンは町の評議会によりパラダイス署長としての職を辞めさせられている。評議会はストーンを早期退職させ部分年金を与えた(誓約した元警官として、通常必要な許可なしでの火器の秘密保持を保証された)。町の評議会のトップは義理の息子を新たな署長に望んだ。ストーンはときおり「臨時コンサルタント」としてヒーリー警部に雇われ州警察の捜査を助けている。ストーンは、「まだ終わっていない」と言いながら彼の署長としての以前の仕事に復職すると主張している。ジェッシイの相棒、ゴールデンリトリバーのレジーは、「暗夜を渉る」で彼の最初の犬ブーマーに代わりストーンを見守り偉大な仕事をしている。レジーはジェッシイ・ストーンシリーズで重要な役割を果たしている。

映画[編集]

# 原題 公開年
アメリカ合衆国の旗
邦題 発売年
日本の旗
販売元 備考
1 Stone Cold 2005 ストーン・コールド -影に潜む- 2009 ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 小説4の映画化
2 Jesse Stone: Night Passage 2006 警察署長 ジェッシイ・ストーン 暗夜を渉る 2009 ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 小説1の映画化
3 Jesse Stone: Death in Paradise 2006 警察署長 ジェッシイ・ストーン 湖水に消える 2009 ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 小説3の映画化
4 Jesse Stone: Sea Change 2007 警察署長ジェッシイ・ストーン 訣別の海 2009 ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 小説5の映画化
5 Jesse Stone: Thin Ice 2009 警察署長ジェッシイ・ストーン 薄氷を漂う スター・チャンネルで放送
6 Jesse Stone: No Remorse 2010 警察署長ジェッシイ・ストーン 非情の影 スター・チャンネルで放送
7 Jesse Stone: Innocents Lost 2011 警察署長ジェッシイ・ストーン 奪われた純真 スター・チャンネルで放送
8 Jesse Stone: Benefit of the Doubt 2012 警察署長ジェッシイ・ストーン 消された疑惑 スター・チャンネルで放送

Uncertain future for the TV series[編集]

Although Jesse Stone: Benefit of the Doubt attracted nearly 13 million viewers when CBS aired it on May 20, 2012, producer Michael Brandman told Variety a few days later that he and Tom Selleck had been notified that CBS wouldn't be ordering any more episodes, because the films mainly attracted older viewers and because CBS is moving away from movies and specials in favor of shorter duration TV series.[5] Tom Selleck added that the movies are expensive to produce, and he had his own money invested in the last few. Selleck did state, however, that he is not finished with the Stone character,[6] and when interviewed by NBCs "Popcornbiz" in August 2012, he added: "Well, right now CBS hasn't ordered another one. That's nothing new. They always seem to order them one at a time even though we kind of hit home runs, which is frustrating. So I'm not sure whether this is the last 'Jesse' or not. I don't think it will be, because there are so many other markets, cable and everything, that I think would want the series."[7]

脚注[編集]

外部リンク[編集]