講道館四天王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

講道館四天王(こうどうかんしてんのう)とは、柔道講道館創成期から黎明期にかけて、他流試合の代表選手として、また講道館の師範代として活躍した4人の柔道家西郷四郎横山作次郎山下義韶富田常次郎のことを指す。

この4人は他の柔術道場から講道館へと移り嘉納治五郎の弟子となった者などであり、その実力は並みの門下生では歯が立たなかったとされている。また、当時、警視庁などで行われた他流試合において、他の柔術の実力者に勝利、もしくは劣らなかったとされているなど柔道を広めるにあたって活躍した。

関連項目[編集]