論蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

論蔵(ろんぞう、: Abhidhamma pitaka(アビダンマ・ピタカ): Abhidharma pitaka(アビダルマ・ピタカ))とは、仏教の聖典(仏典三蔵)の一部であり、律蔵経蔵に対する解釈・注釈書である: Abhidhamma(アビダンマ): Abhidharma(アビダルマ)阿毘達磨)をまとめたもの。

種類[編集]

上座部仏教(南伝仏教)[編集]

上座部仏教(南伝仏教)の聖典である『パーリ仏典』(パーリ三蔵)における論蔵には、

の7書が伝えられている。

(更に後代になると、蔵外に「アッタカター」という注釈書も作成されるようになった。)

中国仏教(北伝仏教)[編集]

説一切有部[編集]

中国仏教(北伝仏教)には、部派仏教の古典的な論書(阿毘達磨)としては、説一切有部

や、その再注釈である『婆沙論』『倶舎論』等が伝わり、倶舎宗毘曇宗)が形成された。

大乗仏教[編集]

他方で、大乗仏教の成立によって、般若経などの大乗仏教経典に加え、それらに対する論書も書かれていくようになったため、部派仏教までの「三蔵」と、その中の「論蔵」という古典的な枠組みは、壊れてしまった。

大乗仏教系の「論書」としては、

がある。

こうした大乗系の論書からは、三論宗(中観派)・法相宗(唯識派)・成実宗等が成立した。

他にも、中国・日本・チベット等、伝播した先で、各宗派ごとに様々に論書は書かれており、大乗仏教の論書は多岐に渡る。

大正新脩大蔵経においても、それらには毘曇部、中観部・瑜伽部、論集部、経疏部、律疏部・論疏部といった具合に、複数の範疇で対応しており[1]、古典的な「三蔵」の中の「論蔵」という趣は無くなっている。

チベット仏教[編集]

チベット仏教の『チベット大蔵経』においては、(「律蔵経蔵」をひとまとめに「カンギュル」と呼ぶのに対して)「論蔵」は「テンギュル」と呼ばれる。

ここには、中観派瑜伽行派の著作や、チベット仏教祖師の密教行法解説書まで、様々な書が含まれる。

出典[編集]

関連項目[編集]