論ヒョン洞考試院放火殺人事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「洞考試院放火殺人事件」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

洞考試院放火殺人事件(ノンヒョンドンこうしいんほうかさつじんじけん)は、2008年10月20日に大韓民国ソウル特別市江南区で発生した放火及び殺人事件。

事件の概要[編集]

2008年10月20日午前8時15分頃、ソウル特別市江南区論洞にある考試院[1]で、3階に住んでいた男が突如ベッドにガソリンをまいて火をつけた。その後、目出し帽ゴーグルなどで全身黒づくめにした格好で部屋の外に出て、火から逃れようとする他の宿泊者を刺身包丁で次々と刺した。

火災は30分後に消し止められたが、5人が犯人に刺され、1人が逃げようとして転落死した。そして7人が負傷した。死傷者の半数近く[2]は、貧困ゆえに考試院住まいを余儀なくされた韓国系中国人であった。

午前9時20分、犯人が4階に隠れているところを発見された。当初は、彼もまた被害者の一人と見られていたが、この事件の犯人であることが分かり緊急逮捕された。

犯人[編集]

犯人は慶尚北道出身の当時31歳の男で、元配達員であった。当時は失業中で考試院の宿泊費にも事欠く状態であった。そのため自暴自棄となり犯行に及んだという。

注釈[編集]

  1. ^ 考試院とは、公務員試験や司法試験を受ける就職浪人が泊まる簡易宿泊施設のこと。
  2. ^ 死者3人と負傷者3人

関連項目[編集]