調香師

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

調香師(ちょうこうし)は、食品香粧品香料を調合する職業。フレーバー(食品香料)を調香する調香師はフレーバリスト(en:Flavorist)、フレグランス(香粧品香料)を調香する調香師はパフューマー(en:Perfumer)とも呼ばれる。

調香師の仕事[編集]

大きく分けて、食品メーカーや化粧品メーカーなどのユーザーから、香りのテーマや予算・期限が決まった調合の依頼を受ける依頼研究と、自らで新しい香りを創り出す創作研究とに分けられる。調香師には、数多くある香料素材の香りの記憶や、香りの構成知識の修得だけでなく、香りの流行傾向や製品カテゴリーの市場動向、香料の安全性、基材に対する安定性・着色性の知識も要求される。

調香師が登場する作品[編集]

参考文献[編集]

  • 『香料と調香の基礎知識』中島基貴著 1995年産業図書刊 ISBN 4782835604