調和道丹田呼吸法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

調和道丹田呼吸法(ちょうわどうたんでんこきゅうほう)は藤田霊斎(1868年1957年)によって創始された呼吸法

体の自然治癒力を高め病気を克服する、心の安定化・活性化をもたらす、スポーツ・武道・芸道などの上達を促すなどの効果があるとされる。

調和道丹田呼吸法は横隔膜を鍛えることを重視する。横隔膜の鍛錬が上記のような効果に繋がるという。また上半身はリラックスし、下半身はどっしりした状態の上虚下実(じょうきょかじつ)を理想とする。

三呼一吸法
フッ、フッ、フーッと3回連続して息を吐く(息を全て吐き出す)、吸うときは自然に空気が入ってくるように一息で行う。
波浪息
みぞおちに手を当て、その箇所は固定したままで、吸うときは上体をやや後ろにそらし、吐くときは前傾するようにしてゆく。

関連項目[編集]