課外活動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

課外活動(かがいかつどう)とは、正規の教育課程のほかに実施される教育活動のことである。課外とは、教育の略である。また、正規の教育課程は、正課(せいか)と呼ばれることもある。

概要[編集]

課外活動については、法令告示学則などの諸規則で、すべての学習者が行う活動として規定されていない活動を指すのが通例である。

初等教育課程小学校など)や中等教育の課程(中学校高等学校中等教育学校など)では、教育課程の基準として学習指導要領が適用される。学習指導要領には、特別活動などの教科外活動が定められているが、教科外活動は、学習指導要領によって全員が行う正規の教育課程とされ、課外活動でない。

特別活動には、学級活動・ホームルーム活動児童会活動・生徒会活動(どちらも委員会活動を含む)、クラブ活動(初等教育のみ)、学校行事があり、初等教育の課程(小学校など)や中等教育の課程(中学校、高等学校、中等教育学校など)における課外活動は、これらの活動を除いた活動であり、具体的には、クラブ活動(初等教育を除く)、部活動課外授業などとなっている。

なお、大学などの高等教育の課程では、学習指導要領の適用はされないため、特別活動に提示されている活動は、各学校が特に正規の教育課程であることを明示しない限り、課外活動である。したがって高等教育の課程における課外活動は、具体的に、学生自治会活動、クラブ活動学校行事、課外授業などである。

歴史[編集]

特別活動は、第二次世界大戦後に初めて設けられたものであり、それ以前は、これらの活動はすべて課外活動であった。そのため、特別活動に規定されている活動を課外活動ということもまったくないわけではない。

課外活動の例[編集]


関連項目[編集]