誤転用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

誤転用(ごてんよう、Catachresis, ギリシャ語κατάχρησις)とは、文字通りの意味は「語の間違った使用」であるが、修辞技法としては、言語コミュニティの規範をあからさまに破って(普通意図的に)使用する技法である。(マラプロピズムも参照)

  • they were severely decimated.(彼らはひどく多数を殺された)

この文では、正しくは「devastated(壊滅させられた)」とするところに「decimated」という語を誤転用している。

[編集]

  • 語の普通の意味から徹底的に離れた何かを表す語の使用。
'Tis deepest winter in Lord Timon's purse(タイモン卿の財布の中は深い冬だ) - ウィリアム・シェイクスピア『アテネのタイモン』(Timon of Athens
  • 誤転用はしないが実際の名称ではない何かを表す語の使用。
a table's leg(テーブルの足) - 現在では一般的に使われるようになった。
  • 文脈から外れた語の使用。
Can't you hear that? Are you blind?(あれが聞こえたか? 君は目が見えないのか?)
  • 非論理的な混喩(mixed metaphor)の創造。

誤転用は甚だしい感情や心神喪失を伝えるのによく使われ、とくにバロック文学やアバンギャルド文学では人気がある(あった)。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • Smyth, Herbert Weir (1920). Greek Grammar. Cambridge MA: Harvard University Press, p. 677. ISBN 0-674-36250-0.

外部リンク[編集]