語頭音消失

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

語頭音消失(ごとうおんしょうしつ、aphaeresis)とは、音声学において、語の最初の1つ、またはそれ以上の音の脱落のこと。語源はギリシャ語apo(なくなる)+hairein(取ること)。

歴史的音声学では、「aphaeresis」は強勢(アクセント)のない母音の脱落を指すことが多い。オックスフォード英語辞典ではこの種の語頭音消失を「語頭母音消失aphesis)」と呼んでいる。

[編集]

強勢のない語頭母音の脱落[編集]

  • ギリシャ語 episkopos > 俗ラテン語 ebiscopu > 英語 bishop(ビショップ)
  • 英語 amend > mend(直す)
  • 英語 escape + goat > scapegoat(贖罪のヤギ)
  • 古フランス語 evaniss- > 英語 vanish(消失)
  • 英語 esquire > squire(〜様)
  • 日本語 ばら>ばら(薔薇)、づれ>どれ、だく>だく(抱く)

その他の脱落[編集]

詩の技法[編集]

詩などでは、語頭音消失は語音変異の1形式の修辞技法である。

  • Und der wilde Knabe brach
's Röslein auf der Heiden
-- ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ野ばら』。「's」は「des」の語頭音消失。
  • 英語 it is > 英語詩 tis(それは〜である)

くだけたスピーチ[編集]

関連項目[編集]