語音転換

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

語音転換(ごおんてんかん、または頭音転換英語Spoonerism, スプーナリズムフランス語Contrepèterie, ドイツ語Schüttelreim)とは、滑稽な効果を狙って、の中のいくつかの音素、特定の音節を置換して新しい句を作る言葉遊びのこと。

  • Mardon me, padam, this pie is occupewed. Can I sew you to another sheet?

正しくは「Pardon me, madam, this pew is occupied. Can I show you to another seat?(すみません、マダム。この席はふさがっております。別の席にご案内いたしましょうか?)」。日本語で表せば、冒頭部分の「すみません、マダム」が「まみません、スダム」と置換されたようなもの。日本語では「ちゃがま」を誤って「ちゃまが」と発音する、ケーキの「モンブラン」を焼き肉用たれのブランドの「モランボン」と言い間違えるなど偶発的な例は多いが、言葉遊びとしてはあまり行われない。

いろいろな言語の中に語音転換の例を見つけることが可能である。(他言語版リンク参照)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]