語義の曖昧性解消

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

語義の曖昧性解消(ごぎのあいまいせいかいしょう、英語: Word-sense disambiguation)とは自然言語処理において、文中のある単語に出会ったとき、その単語がどの語義をあらわしているのかを判断する過程のこと。語義識別語義判別語義確定などともいう。

自然言語の単語には複数の語義が存在する場合がある。たとえば動詞「やる」には以下のような異なった語義が存在する:

  • 彼はその仕事をやった。 (ある動作をする)
  • その日はジャズをやった。 (演奏/上映する)
  • プレゼントとして時計をやった。 (譲渡する)
  • 机の上の本を向こうへやった。 (どかす)
  • 心配なので人をやった。 (遣いを出す)
  • 目を向こうへやった。 (視線を投げる)

語義の曖昧性解消は機械翻訳などのアプリケーションで非常に重要である。たとえば日本語の「やる」という動詞のもつそれぞれの語義は、ほかの言語では別々の動詞(英語では play, give, remove など)によって表されているためである。現在の自然言語処理では、語義の曖昧性解消には単語の共起関係を使う手法が一般的である。