誓いの明日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
誓いの明日
ザ・タイガースシングル
収録アルバム 自由と憧れと友情
B面 出発のほかに何がある
リリース 1970年11月20日 (1970-11-20)
録音 1970年
ジャンル グループ・サウンズ
時間 3分35秒
レーベル 日本グラモフォン
作詞・作曲 山上路夫(作詩)
クニ河内(作曲)
チャート最高順位
ザ・タイガース シングル 年表
素晴しい旅行
(1970年7月1日)
誓いの明日
(1970年11月20日)
十年ロマンス
(1981年11月21日)
テンプレートを表示

誓いの明日(ちかいのあした)は、1970年11月20日に発売されたザ・タイガースの15枚目のシングル盤レコード

解説[編集]

本作はザ・タイガースが1970年12月15日に発売したオリジナル・アルバム『自由と憧れと友情』に収録された曲でもあり、アルバムからのシングル・カットという形が採られている。

A面の「誓いの明日」は、イントロダクションフェードインする形で始まっており、沢田研二メイン・ボーカルを担当している。本作の発売の後にザ・タイガースが解散を発表したことにより、結果として1970年代ではラストシングルという形となった(それから11年後の1981年11月、限定的に再結成を果たし、「十年ロマンス」をリリース)。

B面の「出発のほかに何がある」は、メンバーの森本太郎が作曲し、岸部シローがメイン・ボーカルを担当しており[1]、明日に向かって旅立つ若者の心情を詠った作品となっている。曲の冒頭で入るモノローグは沢田研二によるものである。

収録曲[編集]

  1. 誓いの明日 PROMISE FOR FUTURE(日本グラモフォン DP-2079)【演奏時間:3分35秒】
    作詩:山上路夫 作曲・編曲:クニ河内
  2. 出発のほかに何がある NOTHING BUT DEPARTURE 【演奏時間:3分28秒】
    作詩:ジャン得永 作曲:森本太郎 編曲:クニ河内
    歌唱:ザ・タイガース

脚注[編集]

  1. ^ ザ・タイガースのシングル盤に収録された曲で、岸部シローがメイン・ボーカルを担当した曲はこの1曲のみ。