詫間海軍航空隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大日本帝国海軍
大日本帝国海軍旗
官衙
海軍省
軍令部
艦政本部
航空本部
外局等一覧
地方組織
鎮守府
警備府
要港部
艦隊
連合艦隊
北東方面艦隊
中部太平洋方面艦隊
南東方面艦隊
南西方面艦隊
第十方面艦隊
支那方面艦隊
海上護衛総司令部
海軍総隊
他作戦部隊
海軍航空隊
海軍陸戦隊
主要機関
学校一覧
歴史・伝統
日本海軍の歴史
日本海軍の軍服
その他
階級一覧
艦艇一覧
兵装一覧
 表示ノート編集履歴 

詫間海軍航空隊(たくまかいぐんこうくうたい)は、日本海軍の部隊の一つ。当初は水上機の実機練習部隊として訓練に従事していたが、沖縄戦に備えて飛行艇実施部隊・特攻作戦基地として偵察・攻撃に従事した。本稿では、詫間空の分遣隊として設置され、のちに独立した西条海軍航空隊(さいじょうかいぐんこうくうたい)・天草海軍航空隊(あまくさかいぐんこうくうたい)についても述べる。

沿革[編集]

太平洋戦争開戦とともに、航空要員の大量養成を図るために、実用機を用いた実機練習航空隊を急造した。1943年(昭和18年)2月には、横須賀鎮守府呉鎮守府が統率する3個練習連合航空隊を統括する「連合練習航空総隊」が編制された。この一連の増強計画の中に、呉鎮守府第12連合航空隊所属の水上機実機練習航空隊の一つとして、香川県三豊郡詫間に設置されたのが詫間空である。詫間空では12機の水上偵察機とともに、48機もの練習飛行艇を備え、飛行艇搭乗員の重要な養成施設となった。

  • 1943年(昭和18年)
6月1日 開隊。第12連合航空隊(呉鎮守府管轄)に配属。
  • 1944年(昭和19年)
3月15日 愛媛県西条に分遣隊を増設(1945年3月1日、「西条海軍航空隊」として独立)
4月1日 熊本県天草に分遣隊を増設(1945年3月1日、「天草海軍航空隊」として独立)
6月1日 広島県福山に分遣隊を増設(1945年3月1日、「福山海軍航空隊」として独立)
9月 第八〇一海軍航空隊所属飛行艇が駐留、原隊の横浜に代わり拠点基地とする。
  • 1945年(昭和20年)
2月 八〇一空の編制から飛行艇が削除され、実質的に詫間空へ移譲される。
3月11日 丹作戦決行。菊水部隊梓隊の先導に飛行艇3機出撃、全機喪失。
4月25日 新編の第五航空艦隊に転属。正式に飛行艇配属。
以後、飛行艇隊は特攻隊・ウルシー環礁強襲部隊の前路誘導に従事。
4月28日 詫間空で編制した琴平水心隊が初出撃、以後4回出撃。
敗戦にともない解隊。

詫間空跡地には、香川高等専門学校詫間キャンパスや三豊市立詫間中学校、その他企業が建設されている。詫間空時代の構造物としては、滑水スリップが現存している。また、現存する唯一の二式飛行艇は、詫間空に残されていた残存機のうちの一機(詫間31号機)である。

主力機種[編集]

歴代司令[編集]

  • 不詳:1943年6月1日 - ?
  • 荒木敬吉 大佐:1944年8月7日 - 1945年?月?日
  • 細谷資芳 大佐:1945年5月5日 - 8日戦死
  • 松浦義:1945年5月15日 - 解隊

西条海軍航空隊[編集]

1944年(昭和19年)3月15日に詫間空の分遣隊として、愛媛県周桑郡吉井村逓信省愛媛地方航空機乗員養成所を接収して設置され、養成中の操縦科14期生は全員入隊となった。1945年(昭和20年)3月1日に独立し、水上機訓練を継続した。最終的に実施部隊へ転換されたが、特攻要員は桜花特攻部隊へ転属し、西条空独自の特攻作戦は実施されなかった。司令は小橋義亮予備役大佐が分遣隊長から横滑りした。

使用されていた格納庫の1棟が戦後、日本国有鉄道に譲渡の上多度津工場に移築され、現在も会食所として使用されており、2012年には国の登録有形文化財に指定されている[1]

天草海軍航空隊[編集]

1944年(昭和19年)4月1日に詫間空の分遣隊として、熊本県天草郡佐伊津村に設置された。8月15日をもって博多海軍航空隊に移管された。昭和20年3月1日に独立し、水上機訓練を継続したが、最終的に実施部隊へ転換され、特攻作戦に3度参加した。司令は山下深志予備役大佐が分遣隊長から横滑りしたが、4月1日より室田勇次郎大佐に交代し、解隊まで統率した。

参考文献[編集]

  • 『日本海軍編制事典』(芙蓉書房出版 2003年)
  • 『航空隊戦史』(新人物往来社 2001年)
  • 『日本海軍航空史2』(時事通信社 1969年)
  • 戦史叢書 海軍航空概史』(朝雲新聞社 1976年)
  • 『連合艦隊海空戦戦闘詳報別巻1』(アテネ書房 1996年)

脚注[編集]

  1. ^ 登録有形文化財(建造物(の指定について - 文化庁報道発表(2012年4月20日、PDF文書)