許蘭雪軒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
許 蘭雪軒
Korea-Gangneung-House of Heo family-01.jpg
許蘭雪軒の生家(江陵市
各種表記
ハングル 허 난설헌
漢字 許 蘭雪軒
発音: ホ・ナンソロン
(ホ・ナンソルホン)
日本語読み: きょ らんせつけん
観光部2000年式 Heo Nanseolheon
各種表記(本名)
ハングル 허 초희
漢字 許 楚姫
発音: ホ・チョヒ
日本語読み: きょ そき
観光部2000年式 Heo Chohui
テンプレートを表示

許 蘭雪軒(きょ らんせつけん、ホ・ナンソロン、허난설헌1563年-1589年)は李氏朝鮮時代の女流詩人。本名は許楚姫(きょ そき、ホ・チョヒ、허초희)。蘭雪軒は号。蘭雪とも。本貫は陽川。江陵出身。弟はハングル最古の小説「洪吉童伝」の作者(きょ いん、ホ・ギュン)。

生涯[編集]

一族はみな文人、詩人として名を成している。『三唐詩人』の一人李達(イ・ダル)に詩を学び、8歳にしてその才能を発揮する。儒教道徳に厳しく、女性蔑視の風潮のあった当時にあって革命的ともいえる詩を遺している。代表作には美しい女神が恋をするファンタジー「游仙詩」、自身の二人の子供を失った悲しみを綴った「哭子」、貧しい女性の生活を詠った「貧女吟」などがある。

しかし実生活では不遇であった。15歳で金誠立に嫁ぐが、凡庸な官吏だった夫は才能ある妻を疎んじて妓女に耽溺した。からは、息子が家庭を顧みないのは嫁が至らないせいだと虐待を受けた。それが元で腹の子を流産し、ようやく儲けた二人の子も病によって相次いで喪った。一方で実兄が罪を得て流罪となり実家は没落した。それがさらに蘭雪の婚家での立場を悪いものにした。詩作に生きる望みを託した蘭雪であったが、病を得、27歳で夭逝した。若く才能ある姉の死を悼んだ弟によって200編あまりの遺稿が中国)の使臣朱之蕃に手渡されたが、遺稿の大半は夫や姑たちによって火に投じられたとされる。[1]

朝鮮においては永らくその評価は低かった。儒教に基づく女性蔑視の風潮のあった李氏朝鮮時代では女性による詩作が認められるはずは無く、女性が詩を書くという一点のみによって批判され続けた。その質や内容に対しては、真っ当な評価が下されることは朝鮮戦争停戦後まで無かった。第二次世界大戦を経て朝鮮戦争後、韓国に男女同権思想が普及すると、「韓国の紫式部」として再評価される。2005年女性国会議員によるアンケートで新札の肖像候補の一人に挙げられた。現在では韓国で許蘭雪軒文学賞が設立され、若き詩人たちを見守っている。

朝鮮では長年低い評価を得ていた許蘭雪軒だが、中国や日本では古くから知られ、称賛され続けた。中国では「蘭雪軒集」が刊行され絶賛される。日本へは1711年文台屋次郎兵衛が紹介した。


ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 女性による詩作を“恥”と感じた家族が焼き捨てたとする説と同時に、死後その詩が人目に触れるのを恐れた蘭雪軒自身が遺言したという説がある。

参考資料[編集]

外部リンク[編集]