許浚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
許浚
各種表記
ハングル 허준
漢字 許浚
発音 ホ・ジュン
日本語読み: きょ・しゅん
テンプレートを表示

許浚ホ・ジュン허준1539年 - 1615年)は、李氏朝鮮時代の医者。『東医宝鑑』の著者として知られる。本貫陽川は清源、は亀巌。

生涯[編集]

許碖(ホ・ユン、허윤)と母一直孫氏の間に庶子として生まれた。出生地は諸説あって定かではない。父と祖父の許琨(ホ・ゴン、허곤)はともに武官であった。宣祖の時、医科を受験して内医院に入り(雑科を受験せず推薦で内医院に入ったとする説もある)、王室の病気治療で功を立てた。1592年壬辰倭乱(文禄の役)が勃発すると、御医(王の主治医)として義州にいたる逃避行に追従し、1604年、忠勤貞亮扈聖功臣3等の論功を受け、1606年には、陽平君(ヤンピョングン)に封じられた。1608年宣祖の死の責任を取り、流刑に処されたが、翌年には光海君によって呼び戻された。1610年には、朝鮮第一の医書として名高い『東医宝鑑』を完成させている。

著書には他に『辟疫神方』『新纂辟瘟方』『諺解救急方』『諺解痘瘡集要』『諺解胎産集要』『脈訣集成』『纂図方論脈訣集成』などがある。

許浚の墓地は、京畿道坡州市津東面下浦里の臨津江を越えた非武装中立地帯にある。1991年、アメリカ在住の古文献学者、李亮載らが軍部の協力のもと発見した。1992年6月5日、京畿道記念物第128号に指定された。

経歴[編集]

  • 1571年現在、内医院僉正(ネイウォン チョムジョン/내의원 첨정 従四品相当)に任官。
  • 1573年、通訓大夫(トンフンデブ/통훈대부 正三品堂下相当)に昇叙し、内医院正(ネイウォン ジョン/내의원 정 正三品堂下相当)に転任。
  • 1587年、国王より鹿皮を賜う。
  • 1590年、通政大夫(トンジョンデブ/통정대부 正三品堂上相当)に昇叙。
  • 1596年、正憲大夫(チョンホンデブ/정헌대부 正二品相当)に昇叙し、知中樞府事(チジュンチュブサ/지중추부사 正二品相当)に転任。
  • 1600年、内医院御医(ネイウォン オイ/내의원 어의 正三品堂上相当)に遷任。
  • 1604年6月24日、三等功臣である忠勤貞亮扈聖功臣(チュングン ジョンニャン ホソン ゴンシン/충근 정량 호성 공신)に遇せられ、陽平君(ヤンピョングン/양평군)に封ぜられる。
  • 1608年3月、解任の上、配流に処せられる。
  • 1609年11月22日、赦免により、内医院に復帰。
  • 1610年8月6日、編纂してきた東医宝鑑(トンイボガム/동의보감)が完成。
  • 1615年8月17日、逝去。 11月、輔国崇禄大夫(ポグク スンノクテブ/보국 숭록대부 正一品相当)を贈位され、新たに、陽平府院君(ヤンピョンブウォングン/양평부원군)に封ぜられる。

小説・ドラマ[編集]

1976年李恩成(イ・ウンソン、이은성)が許浚の生涯を題材としてシナリオを書いたMBC(韓国文化放送)の連続ドラマ『執念』、それを元にした李恩成による1990年の小説『小説 東医宝鑑』、さらに李恩成没後の1999年にそれをドラマ化した『ホジュン』が存在する。2013年3月より、1999年放送のドラマをリメイクした『亀巌許浚』の放送が開始された。

関連項目[編集]