許景澄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
許景澄

許 景澄(きょ けいちょう、Xu Jingcheng1845年 - 1900年)、字は竹篔または竹筠末の外交官・官僚。

経歴[編集]

浙江省嘉興出身。1868年進士となり、庶吉士に選ばれ、翰林院編修となった。1884年フランスドイツイタリアオーストリアオランダベルギー公使となった。在任中は戦艦「定遠」の接受を行い、そのうえ自ら造船工場を視察し、『外国師船表』を著して朝廷に海防の強化を訴えた。1890年、再びロシア・ドイツ・オーストリア・オランダ公使となり、内閣学士に昇進した。1892年、ロシアがパミール高原に出兵した時は国境交渉にあたっている。

1898年総理各国事務衙門大臣・礼部左侍郎・中東鉄路公司督弁に任命された。後に吏部に転出し、京師大学堂(現在の北京大学)総教習・管学大臣に充てられた。

1900年義和団の乱が発生すると、許景澄は義和団を北京に入れないよう尽力した。しかし8ヶ国連合軍が大沽砲台を占領すると、朝廷は義和団を利用するようになり、さらに官兵に各国公使館を攻撃させた。許景澄は徐用儀袁昶とともに、義和団を頼みにして各国に宣戦布告することのないよう諫言した。しかし西太后の怒りを買い、7月29日に袁昶とともに処刑された。

1909年、文粛の諡号が贈られ、徐用儀・袁昶とともに「三忠」と称され、杭州西湖に三忠祠が建てられた。