許仲琳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

許 仲琳(きょ ちゅうりん)は、中国明朝小説家著作家。神怪小説『封神演義』の最も古い版本には許仲琳の名が記されており、『封神演義』作者説を持つ人物の一人である。だが『封神演義』以外では特に伝記は残されておらず、低層の知識人である可能性や、誰かの仮構した名前である可能性も指摘されている。また「鐘山逸叟」と号していることから、南京に住んでいたとする説もある。