角脚類

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
角脚亜目 Cerapoda
鳥脚類の恐竜たち
鳥脚類の恐竜たち
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 鳥盤目 Ornithischia
亜目 : 角脚亜目 Cerapoda
Sereno, 1986
下目

角脚類(かっきゃくるい、Cerapoda、英語式発音:/siːˈrɒpədə/)は鳥盤目の下位分類群(亜目)の一つである。装盾亜目とは姉妹群であり、この2つの亜目でゲナサウリス類Genasauria)というクレードを成す。

角脚類は2つないし3つのグループに分かれる。第一が鳥脚類。角脚類は下のの内面にエナメル質の厚い層を備えていた。歯は咀嚼によって不揃いに磨耗した。また歯には鋭いが発達しており、これにより彼らは固い植物を他の恐竜たちよりもうまく摂取することができた。第2・第3のグループは堅頭竜類角竜類である。この2つの下目はある共有形質(後頭部に骨質の突起を有すること)から周飾頭亜目というクレードにまとめられる場合もある。

下位分類[編集]

(basal Cerapoda after Butler, 2005)

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • Butler, R.J. (2005). “The 'fabrosaurid' ornithischian dinosaurs of the Upper Elliot Formation (Lower Jurassic) of South Africa and Lesotho”. Zoological Journal of the Linnean Society 145 (2): 175-218. 
  • Sereno, P.C. (1986). “Phylogeny of the bird-hipped dinosaurs (order Ornithischia)”. National Geographic Research 2 (2): 234-256. 

外部リンク[編集]