観楓会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

観楓会(かんぷうかい)は、などの紅葉を鑑賞する集いのことである。北海道地方では、秋に懇親を主たる目的として行われる会合を指してこう呼ばれる。

北海道における「観楓会」[編集]

北海道では、南端の松前江差近辺を除けば、春のは本州ほどには多く見られない。それで、秋に集まって紅葉を鑑賞しながら飲食する行事が定着している。これを観楓会と呼ぶ。

花見との違い[編集]

本州以南で、一般に花見を行う場合、近い場所で日帰りで行われることが多いが、観楓会は一泊程度の宿泊を伴うことが多い。場所は温泉宿等がよく選ばれ、開会も必ずしも日中とは限らない。すなわち北海道における「観楓会」は宴会を第一目的としている。宴席を主たる目的とする年中行事という観点では、花見と相通ずるが、開催方法にはこのような相違がある。

日帰りで行われる場合でも、必ずしも屋外で開かれるとは限らない。これは天候が不安定で、かなり寒い時期に行われることにも関係する。純粋に鑑賞を目的とする場合はむしろ「紅葉狩り」と呼んで区別する。

観楓会の会場[編集]

関連項目[編集]