親衛隊上級大将

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

親衛隊上級大将(しんえいたいじょうきゅうたいしょう)は、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス党)の親衛隊(SS)で使用された階級「SS-Oberstgruppenführer」(オーベルストグルッペンフューラー、直訳すると最高集団指導者)の日本語の訳語のひとつである。ドイツ国防軍上級大将に相当する階級であるため「親衛隊上級大将」と訳される。米英では訳さず原文を用いるが、敢えて訳す場合には陸軍の階級呼称を利用して SS Colonel General と訳される。

この階級は親衛隊にのみ存在し、突撃隊(SA)や国家社会主義自動車軍団(NSKK)といった他のナチ党組織には存在しなかった。

一般親衛隊[編集]

親衛隊上級大将(SS-Oberstgruppenführer)は、親衛隊の中でも一般親衛隊(アルゲマイネSS)でのみ使用された上級大将位である。親衛隊大将(SS-Obergruppenführer)の上位階級であり、これより上位はハインリヒ・ヒムラー親衛隊全国指導者(Reichsführer-SS)しか存在しない。

秩序警察長官クルト・ダリューゲとナチ党の古参党員フランツ・クサーヴァー・シュヴァルツ第1SS装甲師団長であるヨーゼフ・ディートリッヒら三人のの名誉を重んじるために1942年4月に新設された位である。1944年8月には武装親衛隊の上級大将となったパウル・ハウサーにも併せて授与された。以上四名のみが授与者であった。

武装親衛隊[編集]

武装親衛隊では名称が異なる。国防軍と同様に上級大将(Generaloberst)の階級が使用され、武装親衛隊上級大将Generaloberst der Waffen-SS)という名前の階級だった。米英では原文を用いることが多いが、敢えて訳す場合はWaffen-SS Colonel Generalと訳される。武装親衛隊大将(General der Waffen-SS)の上位に位置する。1944年8月に新設され、ヨーゼフ・ディートリッヒパウル・ハウサーの二名のみがこの階級を保持した。二人とも一般親衛隊の親衛隊大将SS-Oberstgruppenführer)の階級も合わせて授与されている。

階級章[編集]

親衛隊上級大将[編集]

親衛隊上級大将となったのは次の四名のみである。

関連項目[編集]