覚醒工房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

覚醒工房(かくせいこうぼう)は、1981年に発足した『覚醒派レコード』を前身とする日本のレコードレーベルである。1980年代後半には活動を停止した。主宰者は福井哲哉

概要[編集]

前身『覚醒派レコード』[編集]

主宰者自身および自身が参加するバンドのアルバムをリリースしたが、リトグラフやエッチングなどの付属品に力を入れ、実際にはそれらが主でレコードが従という作品づくりが進められ、個展時に画廊で販売するという試みもなされた。 また、神戸の『かげろうレコード』(当時の在籍:アフター・ディナー、ヒー・ワズ、ヴィオラ・リネアなど)、京都の『ゼロレコード』(当時の在籍:sh、少年ナイフ、須山公美子など)と提携を結び、東京での情宣活動を支援した。 またこの時期、主宰者は、「フールズ・メイト」「チェンジ2000」「ミュニオン」などの雑誌にライターおよびデザイナーとして参加していた。

『覚醒工房』への移行[編集]

「レコードを売る・ライヴに動員する」という形とむすびつきにくい実験系、音響系、ノイズ系アーティストの作品を海外へ発信する目的で1984年、コンピレーション・アルバム『א』が企画され、コンピレーション用のサブ・レーベルとして『覚醒工房』は発足した。 以降数多くのコンピレーション作品を、日本のアーティストを海外に、海外のアーティストを日本に紹介することを目的として企画・制作。レーベル名も『覚醒工房』に改められた。これらのコンピレーション作品にはデータとアートワークからなるブックレットが添えられた。

音楽ユニットとしての『覚醒工房』[編集]

発表された幾つかのコンピレーション・アルバムには「覚醒工房」による作品も収録されているが、ファックスを利用して画像出力できたり、ワープロを利用して文書出力できたりする実験的なインダストリアル・ノイズ・ミュージックを発表している。

音楽レーベル『覚醒工房』の終焉[編集]

1986年以降、ヴィデオアート作品集、アーティスト・ブックなど、音楽以外の作品の発表が多くなり、1987年のコンピレーション作品『ミラーズ・オン・ザ・ランディング』を最後に音楽作品は発表していない。

主要作品[編集]

  • א中ザワヒデキMerzbow
  • 『SEPTEMBER '84』 K2(草深公秀)、Merzbow 他
  • 『OCTOBER '84』 Seiei Jack、四本淑三 他
  • 『Roll Angle 1984』 Robert C. Morgan、The Bisexual Lovers 他
  • 『Mutsuki / Kisaragi』 Mosque Of Torment、T. Kamada 他
  • 『Blood Stone '85』 古館徹夫、The Joke Project(Seiei Jack) 他
  • 『Gash Of April / May I Dream?』 Nicola Frangione、遺産相続人 他
  • 『6月某日、外は雨。』 Brett Kerby、Lawrence Crane 他
  • 『鏡の秘密』 死転合、Art School 他
  • 『物質の記憶』 Art Interface、Nasty Joke(四本淑三) with Tetsuya Fukui 他

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]