見つめて欲しい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
見つめて欲しい
フィル・コリンズシングル
B面 サーチ(ラリー・カールトン&ミシェル・コロンビエ
リリース 1984年2月
ジャンル ポップ
レーベル アトランティック・レコード
作詞・作曲 フィル・コリンズ
プロデュース アリフ・マーディン
チャート最高順位
  • 1位(US ビルボード)
  • 2位(UK)
フィル・コリンズ シングル 年表
チャイナ
(1983年)
見つめて欲しい
(1984年)
イージー・ラヴァー
(1984年)
テンプレートを表示
見つめて欲しい
ウエストライフシングル
収録アルバム コースト・トゥ・コースト
リリース 2000年8月18日(UK)
録音 2000年
ジャンル ポップ
レーベル Sony BMG
チャート最高順位
  • 1位(イギリス、ブラジル)
  • 3位(スウェーデン)
ウエストライフ シングル 年表
フール・アゲイン
(2000年)
見つめて欲しい (with マライア・キャリー)
(2000年)
マイ・ラヴ
(2000年)
テンプレートを表示

見つめて欲しい」(原題:Against All Odds(Take A Look At Me Now))はイギリス人歌手、フィル・コリンズ(Phil Collins)が1984年2月にリリースした楽曲、およびそれを収録したシングルビルボード(Billboard)誌の集計では、フィル・コリンズ最大のヒット曲となった。

また、多くのアーティストによってカバーされている。

レコーディングについて[編集]

当初、タイトルはHow Can You Just Sit There?の予定であった。この曲はフィル・コリンズのデビューアルバム、"夜の囁き"に収録される予定だった。収録されている曲のほとんどの歌詞の内容は離婚した前妻にむけるものである。そして、この曲は、テイラー・ハックフォード(Taylor Hackford)監督の映画カリブの熱い夜』(Against All Odds)に使われた。カップリング曲The Searchは、『カリブの熱い夜』に使用されたインストゥルメンタルで、コリンズは関与していない。

1984年にUKチャート2位をマークし、彼自身3度目のチャート・トップ10ソングとなった。アメリカのビルボード誌では、1984年4月21日に週間ランキング第1位を獲得。ビルボード誌1984年年間ランキングは第8位。1985年にはグラミー賞で男性ベスト・ポップ・ヴォーカルパフォーマンス部門で受賞。アカデミー賞ではベストソング部門にノミネートされたが、受賞したのはスティーヴィー・ワンダーの「心の愛」であった。また、1984年、MTVでは年末に発表されるベストビデオトップ20で4位を獲得した。

音楽チャート (フィル・コリンズ)[編集]

チャート (1984年) 最高位
全英シングルチャート 2
アメリカ ビルボードホット100 1

ウエストライフ・バージョン[編集]

アイルランド出身の男性ボーカルグループウエストライフによってカバーされた。2000年にウエストライフwith(マライア・キャリー[1])として初のデュエットとして話題を呼びテレビ(イギリスなど)や、コンサートでも披露されている。この曲の発売の経緯には、マライア・キャリー本人からの熱い要望により叶った作品としていて、彼らの初のコラボレートシングルとなった。[1]ウエストライフの2枚目のアルバム、コースト・トゥー・コースト、ベストアルバムザ・グレイテスト・ヒッツ~アンブレイカブル~ -アジア エディション-にも収録されている。

音楽チャート (ウエストライフ)[編集]

Chart Peak
position
チャート (2000年) 最高位
ブラジル シングル チャート 1
全英シングルチャート 1
スウェーデン シングル チャート 3
イタリア シングル チャート 17
フランス シングル チャート 18
オランダ語圏地域 シングル チャート 20
スイス シングル チャート 20
カナダ シングル チャート 22
ドイツ シングル チャート 29
日本 オリコン 78

脚注[編集]

  1. ^ a b マライア・キャリー自身はこの曲をソロでも歌っている。