西美濃三人衆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

西美濃三人衆(にしみのさんにんしゅう)は、戦国時代美濃斎藤氏の有力な家臣だった稲葉良通安藤守就氏家直元を指した総称。単に美濃三人衆ともいう。

概要[編集]

稲葉、安藤、氏家の連名による文書が残されており、斎藤家において重要な立場をこの三者が占めていたことが窺われる。この三者に加えて不破光治が連名している文書もあり、このため、光治を含めて美濃四人衆と呼ぶこともある。また、安藤、氏家に加え、日根野弘就竹腰直光日比野清実長井衛安が連名して署名している文書も見つかっており、彼らを称して斎藤六宿老と呼ぶこともある(これには稲葉は含まれない)。

三人衆は斎藤龍興の代に相次いで斎藤氏を離反し、新たに美濃の領主となった織田氏の配下に入る。 織田氏の元では、織田信長の直属軍として転戦する。1571年には長島一向一揆討伐戦において氏家直元が戦死、このときは子の直通が引き継いだ。しかし、1580年に、安藤守就が罪を得て追放されたため、美濃三人衆は消滅した。この追放劇には尾張・美濃の軍団を子の織田信忠の下に再編成しようとした信長の意図もあったとされる。

本能寺の変後、旧領復帰のため蜂起した守就ら安藤一族を討伐したのはかつての三人衆の同僚であった稲葉一鉄(良通)であった。

参考論文[編集]

  • 宮本義己「稲葉一鉄の医道知識と薬方相伝」(『国学院大学大学院紀要』5輯、 1973年)
  • 宮本義己「美濃三人衆の去就―織田信長の美濃経略―」(『歴史手帳』6巻1号、1978年)

関連項目[編集]