西本正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
にしもと ただし
西本 正
本名 西本 正 にしもと ただし
別名 香港の旗 香港 賀蘭山 ホー・ランシャン
生年月日 1921年
没年月日 1997年
出生地 日本の旗 日本 福岡県筑紫野市
国籍 日本の旗 日本
職業 撮影監督
ジャンル 映画
活動期間 1948年 - 1974年
活動内容 1948年 新東宝撮影部
1956年 技師昇進
1961年 香港 ショウ・ブラザーズに転身
主な作品
楊貴妃
ドラゴンへの道
死亡遊戯

西本 正(にしもと ただし、1921年 - 1997年)は、日本の撮影監督である。香港の撮影監督賀蘭山(ホー・ランシャン)として知られる。

人物・来歴[編集]

1921年(大正10年)、福岡県、現在の筑紫野市に生まれる。幼少時に家族とともに満州国に移住し、長じて満州映画協会に入社、撮影部で働く。

第二次世界大戦後、内地に引き上げ、東宝で撮影助手をつとめる。1948年(昭和23年)には、太泉スタジオ(現在の東映東京撮影所)の第1回作品、マキノ正博(のちのマキノ雅弘)監督の『肉体の門』で、山崎一雄(のちの山崎市雄)カメラマンの助手をつとめた。新東宝三村明の助手をつとめたのち、1956年(昭和31年)、田口哲監督の『鉄血の魂』で撮影技師として一本立ちした。

1957年(昭和32年)、若杉光夫監督とともに香港に招かれ、ショウ・ブラザーズ製作で2作のカメラを回した。1958年(昭和33年)には新東宝に復帰し、中川信夫作品を多く手がけた。1960年(昭和35年)、大蔵貢社長が新東宝を退陣、翌1961年(昭和36年)5月には製作を停止、西本はすでに香港に渡っていた。

1962年(昭和37年)、第15回カンヌ国際映画祭で『楊貴妃』がコンペティション上映され、西本はフランス高等映画技術委員会色彩撮影賞を受賞した。1966年(昭和41年)以降、日活から井上梅次中平康古川卓巳ら監督が香港に招かれ、ショウ・ブラザースで監督作を手がけた際、多くを西本が携わった。香港では、1974年(昭和49年)までの13年間に、47本を手がけた。

1997年(平成9年)に死去した。満75-76歳没。

フィルモグラフィ[編集]

特記以外はすべて撮影技師[1]

吉本プロダクション太泉スタジオ / 東宝、1948年 - 撮影補佐
新東宝
ショウ・ブラザーズ
  • 獵人Diary of a Lady-Killer : 監督湯樹希(中平康)、1969年
  • 釣金亀The Millionaire Chase : 監督井上梅次、1969年
  • 青春萬歳The Singing Escort : 監督井上梅次、1969年
  • 人頭馬Dark Rendezvous : 監督穆時傑(村山三男)、1969年
  • 千面魔女Temptress of a Thousand Faces : 監督鄭昌和、1969年
  • 殺機A Cause to Kill : 監督穆時傑(村山三男)、1970年
  • 鬼門關Hellgate : 監督穆時傑(村山三男)、1970年
  • 武林風雲A Taste of Cold Steel : 監督岳楓、1970年
  • 餓狼谷Valley of the Fang : 監督鄭昌和、1970年
  • 那個不多情A Time for Love : 監督不詳、1970年
  • 五枝紅杏Long road to Freedom : 監督井上梅次、1971年

脚注[編集]

  1. ^ 西本正、日本映画データベース、2009年11月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]