西暦10000年問題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

西暦10000年問題(せいれきいちまんねんもんだい)とはコンピュータの誤動作に関する年問題である。2000年問題の解決のため、コンピュータは年を4桁であらわすのが一般的になった。しかし、西暦10000年になると年数が5桁になるため、多くのプログラムが誤動作するという問題の事を指す。同義の呼称として、10000を意味する10Kを用いた Y10K や、10を十六進法で表したAを用いた YAK 、10をローマ数字で表した YXK などがある。

疑問[編集]

この問題に対してはこのような疑問がある。

  • 西暦10000年まで人類は生き残ることができるのか
  • 西暦10000年まで西暦を使用するのか
  • 西暦10000年まで現在のプログラムを改善や改良をせずにそのまま使用するのか
  • 西暦10000年までに起こる様々な年問題に対処できるのか。

このような疑問(特に3番目の理由)から、西暦10000年問題の対策などを研究している人物や団体などは現在確認されていない[要出典]

2000年を目前にした1999年4月1日IETFは西暦10000年問題の解決に関するRFCを公開した[1]。これは毎年のエイプリルフールに恒例のジョークRFCであるが、「コードやプログラムはしばしば彼らの意図した状況を超えてよく使われる」という推論からの帰結であり、また、セキュリティ対策的に重要な「いかなるデータに対しても、意図の範囲を越えるような動作をさせないこと」といった点についての技術的な洞察も含んでいる。

同様の問題[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Y10K and Beyond (英語) 1999年4月1日 2011年11月12日閲覧
    Y10K and Beyond(Y10Kとその先) (日本語) 2001年1月13日 2011年11月12日閲覧

関連項目[編集]