西山将士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
西山 将士
基本情報
ラテン文字 Masashi Nishiyama
日本の旗 日本
出生地 山口県下関市彦島
生年月日 1985年7月9日(28歳)
身長 179cm
選手情報
階級 男子-90kg級
所属 新日鉄住金
段位 4段
 
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 柔道
オリンピック
2012 ロンドン 90kg級
世界団体
2010 アンタルヤ 90kg級
2012 サルヴァドール 90kg級
ワールドマスターズ
2012 アルマトイ 90kg級
グランドスラム
2011 東京 90kg級
2010 東京 90kg級
2012 東京 90kg級
アジア柔道選手権
2009 台北 90kg級
東アジア競技大会
2009 香港 90kg級
東アジア選手権
2011 香港 90kg級
テンプレートを表示

西山 将士(にしやま まさし、1985年7月9日 - )は、日本の柔道選手である。階級は90kg級。身長179cm。血液型はA型。組み手は左組み。段位は四段。得意技は大外刈大内刈寝技[1]。現在は新日鉄住金に所属[2]

人物[編集]

山口県下関市彦島出身[3]。6歳の時に柔道を始めた[1]国士舘高校3年の時にインターハイ団体戦と個人戦100kg級で優勝を果たす。

国士舘大学に入学後、学生体重別で2年連続3位になるなど一定の活躍をするが、際立った活躍は見られなかった。

新日本製鐵に入社後に階級を1つ下げ90kg級にすると、講道館杯で優勝を果たし、さらに2009年には体重別でも優勝するが世界選手権代表には選ばれず。国際大会ではアジア選手権東アジア競技大会で優勝する。また、団体戦のワールドカップ・サルヴァドール世界団体で活躍をして日本チームの優勝に大いに貢献する。そして2010年の講道館杯では3連覇を達成する[4]。12月にはグランドスラム・東京でも優勝を飾る[5]。2011年11月には講道館杯で大学の先輩である鈴木桂治以来の4連覇を達成した[6]

12月のグランドスラム・東京では前年に続いて2連覇を果たした[7]

2012年1月には ワールドマスターズに出場して、準々決勝では世界チャンピオンであるギリシャのイリアス・イリアディスに指導2で優勢勝ちすると、準決勝はブラジルのティアゴ・カミロを技あり、決勝ではロシアのキリル・ヴォプロソフを有効でそれぞれ下して、今大会初優勝を飾った[8]

5月の体重別決勝では、高校大学の同期であり、平成24年度全日本柔道選手権優勝の加藤博剛千葉県警察本部)に敗れたものの、加藤が世界ランキングの関係上、オリンピック候補資格を保持していなかったこともありロンドンオリンピック代表に選出された[9]。オリンピック本番では準々決勝で敗れたが、敗者復活戦を勝ち上がって3位決定戦でキリル・デニソフロシアの旗 ロシア)に延長戦の末旗判定で勝利して銅メダルを獲得した[10]

2013年5月の体重別では初戦で敗れたが、過去の実績から世界選手権代表に選ばれた[11]。しかし8月の本番では2回戦でカザフスタンのイスラム・ボズバエフに十字固で敗れた[12]

2014年2月、出身地に近く、所属先とも歴史的な繋がりを有する北九州市から特命スポーツ大使を委嘱された[13]

矢沢永吉のファン[14]

IJF世界ランキングは750ポイント獲得で8位(14/1/20現在)。

戦績[編集]

有力選手との対戦成績[編集]

(2013年8月現在)

対戦成績
国籍 選手名 内容
ギリシャの旗 イリアス・イリアディス 1勝1敗
ウズベキスタンの旗 ディルショド・チョリエフ 5勝
キューバの旗 アスレイ・ゴンサレス 1勝
ブラジルの旗 ティアゴ・カミロ 2勝
アゼルバイジャンの旗 エルハン・ママドフ 1勝

(参考資料:ベースボールマガジン社発行の近代柔道バックナンバー、JudoInside.com等)。

脚注[編集]

  1. ^ a b 「柔道全日本強化選手名鑑 2013」近代柔道 ベースボールマガジン社、2013年4月号
  2. ^ 新日本製鐵柔道部 | チームデータ > 選手紹介 西山将士
  3. ^ 【柔道】平岡(60キロ級)五輪切符 西山将(90キロ級)上川(100キロ超級)も 中国新聞 2012年5月14日
  4. ^ 評価急上昇、西山将士が3連覇 スポーツニッポン 2010年11月21日
  5. ^ “地味な”西山将が90キロ級で輝く/柔道 日刊スポーツ 2010年12月12日
  6. ^ 桂治以来!90キロ級西山V4/柔道 日刊スポーツ 2011年11月12日
  7. ^ 西山将、連覇達成!五輪代表争い“並んだ” スポーツニッポン 2011年12月10日
  8. ^ 西山将、90キロ級初V…柔道マスターズ 読売新聞 2012年1月15日
  9. ^ 西山将 決勝敗退も初代表入り 篠原監督は金星評価 スポーツニッポン 2012年5月13日
  10. ^ 柔道・西山「銅」、卓球・石川メダル届かず 中日新聞 2012年8月1日閲覧
  11. ^ 世界柔道代表18人を発表…過去の内容を重視で 読売新聞 2013年5月12日
  12. ^ 西山、まさかの一本負け 男子90キロ級 MSN産経ニュース 2013年8月31日
  13. ^ “北九州市応援団ニュース No.58” (PDF) (プレスリリース), 北九州市総務企画局, (2014年2月21日), http://www.city.kitakyushu.lg.jp/files/000165067.pdf 2014年4月10日閲覧。 北九州市出身でなくても委嘱されるケースはほかにもあり、バドミントンの元選手・潮田玲子苅田町出身)が特命大使委嘱第1号組に入っている。
  14. ^ 価格.com - 「スッキリ!!」で紹介された情報 | テレビ紹介情報 2012年8月2日

外部リンク[編集]