西尾忠固

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
西尾 忠固
時代 江戸時代後期 - 末期(幕末
生誕 文化8年(1811年
死没 安政4年5月27日1857年6月18日
改名 剛之丞(幼名)→忠固
戒名 戒珠院殿粛堂瑞光大居士
墓所 静岡県掛川市西大渕の龍眠寺
官位 従五位下、豊後守、隠岐
幕府 江戸幕府
遠江横須賀藩
氏族 西尾氏
父母 父:西尾忠善
兄弟 忠宝忠固
正室:本庄宗発の娘
養子:忠受

西尾 忠固(にしお ただかた)は、遠江横須賀藩の第6代藩主。横須賀藩西尾家9代。

生涯[編集]

文化8年(1811年)、第5代藩主西尾忠善の四男として生まれる。文政9年(1826年)9月21日、将軍徳川家斉に拝謁する。同年12月16日、従五位下右京亮に叙任する。文政12年3月16日、父が病気を理由に隠居したため、家督を継ぐ。天保11年(1840年)3月2日、奏者番に就任したが、天保13年(1842年)2月19日に辞職した。天保14年(1843年)8月7日、病気を理由に家督を養子の忠受に譲って隠居した。

安政4年(1857年)5月27日、横須賀城にて死去、享年47。