西富井駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
西富井駅
駅舎(2008年10月1日)
駅舎(2008年10月1日)
にしとみい - Nishi-Tomii
球場前 (1.6km)
(0.8km) 福井
所在地 岡山県倉敷市上富井
所属事業者 水島臨海鉄道
所属路線 水島本線
キロ程 3.6km(倉敷市起点)
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
322人/日(降車客含まず)
-2009年-
乗降人員
-統計年度-
641人/日
-2009年-
開業年月日 1949年昭和24年)11月15日
備考 無人駅
構内(2007年8月8日)

西富井駅(にしとみいえき)は、岡山県倉敷市上富井にある、水島臨海鉄道水島本線

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線の高架駅無人駅である。駅舎、待合室はない。それぞれのホームに直結した出入り口がある。ホーム上には一部屋根がある。なお、上り線の線路が一線スルーとなっており、下り貨物列車は上り線を通過する。

利用状況[編集]

過去に倉敷中央高校の生徒の多くが当駅を利用していたが、1989年南隣の福井駅ができたことによりその役目を譲ることになって、一時は一日1000人位あった乗降客も600人程度に減少している。

1日平均乗車人員および乗降人員の推移は下記の通り。

年度 1日平均
乗車人員
1日平均
乗降人員
1999年 377 775
2000年 344 712
2001年 327 663
2002年 303 613
2003年 312 622
2004年 309 615
2005年 334 667
2006年 317 639
2007年 325 654
2008年 320 646
2009年 322 641

駅周辺[編集]

周辺は密集した住宅地で商店等はなく、駅南側の鉄道高架橋の下を岡山バイパスが走っている。西に少し離れた産業道路沿いは大型店や金融機関に病院などがある。

歴史[編集]

  • 1949年昭和24年)11月15日 - 開業。
  • 1952年(昭和27年)4月1日 - 倉敷市が水島工業都市開発から施設譲受し、倉敷市交通局の駅となる。
  • 1970年(昭和45年)4月1日 - 水島臨海鉄道が倉敷市交通局から施設譲受し、水島臨海鉄道の駅となる。

その他[編集]

かつて駅の倉敷市方には専売公社倉敷工場への引込み線が分岐していたが、現在は線路が撤去されており高架橋だけが残っている。

隣の駅[編集]

水島臨海鉄道
水島本線
球場前駅 - 西富井駅 - 福井駅

関連項目[編集]